ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【あえて動きが安定しないように設計】使いドコロは何を投げてもアタリの無い渋い時間帯!杉山代悟がTIMONの新作ルアー「プリッキー」を紹介

連載:ジャッカルソルト

皆さんこんにちは! 杉山代悟です。

今回はジャッカル「TIMON」から新たに登場となる新型クランクベイト「プリッキー」を少し紹介していきたいと思います。

杉山代悟 Sugiyama Daigo プロフィール

1994年7月生まれの若きエース。エリアトラウト界で知らない人はいないエキスパートアングラー。 8歳からエリアトラウトの釣りをはじめ、トーナメントに参戦したのは10歳の頃。 トラウトキング選手権の覇者に与えられるマイスターの称号を過去2回獲得、現在も上位に入賞し続けているスゴ腕アングラー。 そんなエリアトラウトでの活躍に加えて、最近はソルトウォーターの世界も満喫中! 実は静岡の海育ちで実は生粋のソルトアングラーでライトゲームからオフショアのビッグゲームもこなす。 趣味は筋トレで週4でジムに通うほどのマニアだ

 

瀧澤真一プロ監修!新作クランクベイト「プリッキー」を紹介

前々回にも新作クランクベイトである「フラパニ」を紹介させていただきましたが、同じタイミングで「プリッキー」もリリースされることになりました。

 

「プリッキー」はTIMONプロスタッフの「瀧澤真一」プロ監修のもと作られたクランクベイト。恐らく皆さんが一番気になっているのは「アピール力」、「動き」、「深度」ではないでしょうか?

アピール力に関しては、TIMONから出ているクランクベイトで比較すると「ちびPaniCra」と「ブリブリミノー」の丁度中間くらい。

 

ちびPaniCra

ジャッカル公式「ちびPaniCra」詳細ページはこちら

 

ブリブリミノー

ジャッカル公式「ブリブリミノー」詳細ページはこちら

 

動きは「ペピーノ」のようなクネクネした動きよりも、フラパニや「ブリブリミノー」のようなパタパタ動く系のアクションをします。

ですが、「ペピーノ」を引くような超デットスローアクションにもシッカリ対応してくれます。

 

ペピーノ

ジャッカル公式「ペピーノ」詳細ページはこちら

 

「動きが安定していない」が特長

さて、この「プリッキー」の最大の特長は「動きが安定していない」ことです。動きが安定しなきゃダメでしょ? って思われる方が大半だと思いますが、瀧澤プロが何度もプロトを作成し、こだわったのが「安定しない動き」。

 

スローリトリーブをすることによって、姿勢を崩して魚のバイトを誘い、この不規則な動きが良いアピールになってバイトに至らせることができます。

「プリッキー」の最大深度は1m〜1.5mほどです。ラインの浮力によって多少変わりますが、エステルラインを使用したプリッキーは最大1.5m程潜ります。

PEやナイロンといった浮力の強いラインにした場合は1m程の深度になります。

 

出しドコロについて

「プリッキー」を投入するタイミングは、「ちびPaniCra」並みの食わせ能力と「ペピーノ」並みのアピール力があるため、放流の絡まないタフな状況でもシッカリ魚を寄せる力を秘めているので、渋い時に使っていただければと思います。

 

魚の絶対数が少ないエリアでも魚を寄せることができ、食わせられるクランクベイトなので、日中の食いの悪い時間、何を投げても当たりが出ない状況でも答えが返ってくるクランクベイトだと僕は思っています。

矢島プロ監修「フラパニ」と瀧澤プロ監修の「プリッキー」。今シーズンのエリアトラウトにぜひ持って行ってもらって、フィールドで遊んでみてくださいね!

 

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!