ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

繊細かつ豪快に!メジャークラフト「トリプルクロス」にオモリグモデル

エギング&イカメタル特集

オフショアからケンサキイカなどをボート(オフショア)から狙うイカメタルゲーム。

その中で、鳥取などの潮流の速い「イカどころ」で多用されるのがオモリグ。

ドロッパー式のリグと異なり、いわゆる大きくいえば中オモリ式のリグになることは多くの方が知るところ。

基本的には、一般的にリリースされている鉛スッテの号数展開では対応できないような速潮に対応すべく進化していったオモリグ(現在では重めの鉛スッテも随分と多くなってきましたが)。

30号、40号といったオモリから長めのハリス、その先にエギ(2.5号をベースに)というかたちになります。

オモリグのメリットとしては、前述した通り速潮に対応できる点(理論上はオモリを重くすればどんなディープでも速潮でも対応できるので)、そして、潮に乗ってナチュラルにエギが漂うので警戒心が高いイカを乗せやすい、またエギというシルエットも相まって大型を乗せやすい利点があります。

そんなオモリグですが、そんなわけでドロッパー式リグと比較すれば、重めのオモリを背負うことも多い。そのためイカメタルとはまた異なるオモリグ用ロッドというのがリリースされるわけで。

そんな中で登場したのがメジャークラフト「トリプルクロス」のオモリグモデル。

ご存知トリプルクロスは、4軸カーボンの外側にカーボンテープを締め込んだブレのないブランクスがシリーズの魅力。ホントの意味で「コスパがいい」とはこのロッド、といえるシリーズではないでしょうか。

トリプルクロス・オモリグモデル

そんなトリプルクロスのオモリグモデル。

 

スピニングのオモリグロッドです。

エギを馴染ませて比較的スローに釣っていくオモリグらしい展開はもちろん、アクションさせてアタリを引き出し、掛けていく釣りもできる万能派。

視認性に優れたイエローペイントされたチューブラー穂先は、乗せはもちろん掛けていくにも最適な感度を有しています。

前述した通り、重めのオモリにも対応しブレのないブランクスで大型のイカのリフトアップや速潮の中での安定感もあります。

また、状況によっては軽いアンダーキャストで広く探ることも少なくないオモリグ。そのキャスト時に不安のない強さもあり、7.3フィートという丁度よい長さもキャスト時に水面をかいたりしにくい長さです。

乗せ掛けができてキャストでも扱いにくさがないレングス、そしてクロスフォース製法などブランクスの安定感…それでいてトリプルクロスらしい2万円を切る価格帯と、一度買ったら末永く相棒になること間違いなし!

ぜひチェックしてみてください!

メジャークラフト公式トリプルクロスオモリグモデル詳細はこちら

メジャークラフト MajorCraft

2002年2月設立のフィッシングメーカー! ルアーで狙えるあらゆる魚種ごとのロッドを開発! 低価格&高品質な高いコストパフォーマンスで人気。 数年前からはロッドだけでなく、ライン、ルアーなども手掛けている。