ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【釣れない時の奥の手とは】トラウトゲームでハードルアーBOXを忘れる大失態!そんな中で水野浩聡がトラウトを連発させた釣り方とは?

連載:水野浩聡のOne more fish

皆さんこんにちは!

先日、岐阜県郡上市にある「フィッシング母袋」さんへ、自分のYouTubeチャンネル「水の旅」のロケでお邪魔してきました。すっかり朝晩は涼しく感じられるようになってきて、風が強く吹いたりする日などは少し肌寒く感じる日もあるほど。

そんな秋っぽくなってきたタイミングで、これから旬になってくるのが、こういった管理釣り場の釣りですよね。

主にニジマスなどのトラウトが放流されている場所が多いので、どうしても水温が上がりすぎてしまう夏場は営業していないところも多いわけですが、地元の岐阜県は山間部のエリアも多く、低水温を維持できる環境下にある場所では、年中管理釣り場の釣りを楽しむことができます。

 

ハードルアーBOXを忘れる大失態…、状況もカナリ渋い

さて、今回訪れたフィッシング母袋さんもその1つで、中規模クラスのポンドタイプの管理釣り場となっています。

久々の管理釣り場でしたが、何とこの日はクランクベイトやトップなどのハードルアーが入ったBOXを持ってくるのを忘れてしまうという大失態…。ワレットに入っているのは、僕がこの釣りの中でも最も苦手なスプーン各種と、個人的にいつも切り札として投入していることが多い「ブング」という小さなルアーのみ。

ジャッカル公式「ブング」詳細ページはこちら

 

最初は状況を掴む目的と自分の練習も兼ねてスプーンをセレクト。

ティアロ」(0.9g)で着水後にカウントを入れてからレンジを刻みながら巻いたり、ボトム付近でリフト&フォールをしたりするなど、様々なアクションで様子をみていきます。

ジャッカル公式「ティアロ」詳細ページはこちら

 

ただ、自分が下手くそなこともありw、バイトはたまーにあるものの、フックアップできなかったり、そもそもバイト自体が少ない…。この辺の絶妙な巻き感などはホントにまだまだだな…と感じるトコロも多い訳です。

近くには、普段からよく来るという常連さんがおられ、その方にも状況を確認するべく声をかけてみますが、今日は全然ダメであまり良くはない…、と言っていたので、魚の活性自体もそんなに良くはないのかな? と思いながら、アピール力の弱い「チビクワトロスプーン」(0.6g)などもローテーションして誘っていくも、やはりバイトがあっても中々ノせれない状況。

ジャッカル公式「チビクワトロスプーン」詳細ページはこちら

 

最終兵器「ブング」を投入すると

ここで、僕の中での最終兵器とも呼べる「ブング」をセレクト。

ブング」は普段トラウト達がエサとして口にしているペレット(固形エサ)のシルエットをイメージしたルアー。サイズ感もカナリ小さ目で、毎回管理釣り場で苦戦した時に僕自身も必ず投入するルアー。

 

ただ、管理釣り場によってはレギュレーションで、「何cm以下のルアーは使用が禁止」となっている所もあるので、各釣り場のレギュレーションをシッカリ確認してから投入するようにしましょう!

ブング」にしてからは、着水直後にバイトが集中するようになりました。雨前のローライトコンディションということもあり、気圧が下がったことも影響してか? 時間が経てば経つほどトラウトが水面直下に浮いた状態になってきてたので、0.4gという超軽量の「ブング」の着水直後か、そこで食わなかったとしても、水面下10cmくらいの表層付近でリフト&フォールをしているとフォール時にバイトが頻発。

 

フィッシング母袋さんのトラウトはアベレージがカナリ良く、コンディションも整っているので、とにかく良く引いてファイトを楽しませてくれます。

因みに今回使用したタックルも紹介しておきます。普段、渓流釣りで使用しているロッドを使いました。

ロッド:Tコネクションストリーム(TS-S56UL)【ジャッカル/TIMON】

リール:ヴァンフォードC2000S【シマノ】

ライン:レッドスプール(3Lb)【ジャッカル】

 

最後までブングが絶好調

ブング」(0.4g)のカラーローテーションをしていき、後半は順調に数を追加。時折、軽いスプーンにしてブングと同じような誘いを入れたり、バイトが頻発しているレンジに合わせて誘っていきますが、スプーンだとバイト数が激減。水中でトラウト達はしっかりルアーを見ているようです。

最後は再び「ブング」に戻し、良型のブラウントラウトも混ざったりするなど、とにかく楽しむことができました。

 

やはり、管理釣り場の釣りは想像以上に奥が深い。そして、まだまだ自分は下手くそなので今回もルアーのパワーに助けてもらったような…、そんな釣行でした。

この秋から冬にかけて、またシッカリ練習しないとなぁ…と思ったのと同時に、フィッシング母袋さんも凄く良いエリアなので、また近々お邪魔したいなと思っています。これからのシーズンが旬で、各地に増える釣り場のタイプですので、気軽にトライしてみると楽しいですよー!

 

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

 

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい