ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

JBマスターズ参戦中「小松友哉」プロ直伝!印旛沼×カバーゲームの基本

夏のバス釣り特集

日が昇りきったら集中的にカバーを狙う!

日が昇りきってしまったら、カバー奥を狙うアプローチへ切り替えます。

セレクトしたルアーはメガバスのTKツイスターのバックスライドにラインはサンラインのBMS AZAYAKA 12lb。

狙いどころはガマの根本。

ガマは根元が空洞になりやすく、そのすき間をバックスライドで狙うのがカギとなります。

ちなみにバックスライドなどのノーシンカーのキャストは、フリーフォールで奥に入れていくことがカギとなるためラインにテンションがかけられません。そのためフォール中のアタリなどは、すべてラインを見て取っていく必要が。

 

カバー攻略のカギ!フォール中のアタリが目で見てわかる「シューター・FCスナイパーBMS AZAYAKA」

サンライン公式「シューター・FCスナイパーBMS AZAYAKA」詳細ページはこちら

ここで最も重要になるのが先ほど紹介したサンラインの「シューター・FCスナイパーBMS AZAYAKA」。クリア、ピンク、イエローグリーン、オレンジ、グレーの5色が115cmの間隔で配色され、視認性が非常に高いフロロカーボンラインです。

ノーシンカーなどフリーフォールで誘う釣りはもちろん、マッディ系の水質や暗部のカバー奥を狙うシチュエーションなどにもこのマーカーは大活躍!実際、小松さんも霞水系や印旛沼など撃ちもので釣りをするときのタックルには100%使用しているとのこと。

 

動画を見て分かるかと思いますが、この「BMS AZAYAKA」の視認性は非常に高く、カメラの映像を通してもラインが入っていく様子がしっかりと確認できます。

ちなみに、小松さんのヒットシーンでは必ず「食った!」とコメントがあるように、バスがバイトしラインが走る方向も確認できるため、フッキングのミスがなく、ほぼ確実に掛けることができていました。

この日最初のバスは46cmのビッグサイズ!体高のある立派な個体。

ヒットシーンもしっかりとラインが走ったのを確認してから、落ち着いて逆方向にフッキングしたことで上あごにフックが貫通していました。さすがです。

 

2 / 3
前へ 次へ