ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

コスパ炎上クラス!1万円で替えスプールもセット!ビギナーにもオススメ!オクマの汎用性スピニングリール「エピクサーXT plus」

出典:オクマ公式EPIXOR XT plus詳細ページ

今回紹介するのはオクマから展開中の汎用型スピニングリール、「エピクサーXT plus」

オクマのリールといえば剛性に優れ、コストパフォーマンスに優れた性能が特徴です。

この「エピクサーXT plus」はそんなハイコスパの中でも群を抜いてお得なリール!

PE対応アルミ替スプールがセットで1万円前半という価格帯!

2000~3000番に至っては1万円以下で購入することも可能という破格っぷりとなっています。

どうせ安かろう悪かろうなんでしょ?なんて思う方もいるかと思いますが、この「エピクサーXT plus」は非常にハイスペック。

ベアリング数も「7BB+1RB」に加え、防錆効果の高いサイクロニック・フロー・ローターやボディ素材も軽量かつ剛性に優れたカーボン素材を採用するなど、他のメーカーのミドルクラスの機種と比較しても見劣りしないスペックとなっています。

ここではそんな「エピクサーXT plus」について詳しく解説していきます!

さまざまな釣りに対応できる汎用性!

この「エピクサーXT plus」の番手は2000・3000・3000H・4000・4000H・5000・5500と7種類展開。

ハイギア仕様とノーマルそれぞれで展開されているので、機種の使い分けも可能です。

エリアトラウトからバス、アジングやメバリングといったライトゲーム、シーバス、チニング、サーフ、ショアジギング、ライトジギングなど様々なシチュエーションで活躍してくれることでしょう。

前述したPE対応の浅溝アルミスプールが付属されているので、ライトゲームなどエステルラインとPEで使い分けたい方にもオススメです。

スペック詳細
品番 ギア比 ベアリング数 自重(g) 最大巻上長(cm) 最大ドラグ力(kg) 標準スプール
ナイロン糸巻量(号)
PE糸巻量(#号)
糸巻量替えスプール(PE)
EPXT-20PLUS 5.0:1 7BB+1RB 208 60.7 5 1.5号/130m, 2号/100m, 2.5号/80m

#0.6/380, #0.8/275, #1/230

0.6号/150m, 0.8号/100m, 1.0号/80m
EPXT-30PLUS 5.0:1 7BB+1RB 249 68.7 8 2号/220m, 2.5号/180m, 3号/150m

#1/340, #1.5/230, #2/170

0.6号/210m, 0.8号/150m, 1.0号/125m
EPXT-30H PLUS 6.0:1 7BB+1RB 255 85 8 2号/220m, 2.5号/180m, 3号/150m

#1/340, #1.5/230, #2/170

0.6号/210m, 0.8号/150m, 1.0号/125m
EPXT-40PLUS 5.0:1 7BB+1RB 304 76.3 10 2.5号/240m, 3号/200m, 4号/150m

#1/470, #1.5/320, #2/235

1.0号/170m, 1.2号/150m, 1.5号/120m
EPXT-40H PLUS 6.0:1 7BB+1RB 310 94 10 2.5号/240m, 3号/200m, 4号/150m

#1/470, #1.5/320, #2/235

1.0号/170m, 1.2号/150m, 1.5号/120m
EPXT-50PLUS 5.0:1 7BB+1RB 311 81 8 2.5号/320m, 3号/260m, 4号/190m

#1.5/415, #2/305, #3/210

2号/290m, 2.5号/240m, 3号/200m
EPXT-55 PLUS 5.0:1 7BB+1RB 316 87 12 3号/310m,4号/215m,5号/180m

#4/250m,#5/200m,#6/160m

2号/210m, 2.5号/180m, 3号/150m
見た目もかっこいい!2018年デザイン賞を受賞!

ちなみにドイツで開催される工業製品のデザイン賞「iFデザイン賞」の2018年デザイン賞を受賞するなど、見た目のデザイン性も申し分なしとなっています。

各パーツのスペックについて
7BB + 1RBステンレスベアリング

 

ベアリングに関しては7BB + 1RBステンレスベアリングを搭載。

従来、1万円前後のスペックというと「4+1」辺りが多いのに対し、7+1と数値だけ見てもその性能の高さが分かります。

もちろん、ギア自体もマシンカット真鍮製ピニオンギアを採用しているので、かみ合わせもよく滑らかな巻き出しとなります。

 

剛性に強いカーボン素材とボディ設計

 

軽量かつ剛性に優れたC-40X カーボンファイバー素材採用

ボディにはOkuma独自で研究開発したC-40X カーボンファイバー素材が採用されています。

このC-40X カーボンファイバー素材は2021年発売の上位機種であるITXにも採用されている、軽量かつ合成に優れた素材。

従来の強化プラスチック素材を使用した製品に比べて、重量を25%減少し、剛性も1.5倍向上した仕上がりとなっています。

 

ねじれに強くラフなファイトができるボディ構造

ボディの設計もトージョン・コントロール・アーマー構造を採用。

このトージョン・コントロール・アーマーとは耐久性にすぐれ、外部からの圧力によるボディ変形を防止する設計になります。

ライトゲームなどで予想外の大物がかかったときでも瞬間的な強い衝擊に耐え、ボディの剛性を維持します。

ボディ変形を防ぐことにより、内部のドライブ機能がスムーズ回転を維持することで、効率的な回転を実現します。

 

防錆効果の高いサイクロニック・フロー・ローター

ほかにも前述した防錆効果の高いサイクロニック・フロー・ローター搭載など、アングラーをサポートする性能が凝縮されています。

細かく正確なドラグ調整が可能なドラグ設計

ちなみにドラグはより細かく正確なドラグ調整が可能なプログレッシブドラグを採用しています。

予想外の大物に対しても細かいドラグ設定が可能で、ファイト中も釣り人が主導権を握ることができます。

最大値も2000番クラスで5㎏、3000番クラスで8kgと、非常にパワーがあるのも大きなポイントです!

 

 

さまざまな釣りに使える万能性とハイコストパフォーマンス!

ビギナーの方というとついつい大手のリールメーカーのアイテムを選びがちですが、実は世界にはまだまだ知られざる名作リールが数多く存在しています。

なかでも今回のオクマの「エピクサーXT plus」はコストパフォーマンスが突出しており、性能も高く、ドラグ性能も高いため、様々な釣りにも対応しています。

価格帯も1万円前後なので、これから本格的に釣りを始めたい、サブ機のリールを探している方にもぴったりです!

ぜひ気になる方はこの「エピクサーXT plus」チェックしてみてください!

オクマ公式「エピクサーXT plus」詳細ページはこちら

■okuma公式・楽天市場
https://www.rakuten.co.jp/inspired-fishing/

ゼニス/オクマ(ZENITH / okuma) プロフィール

1986年に台湾・台中市で設立されたリールメーカー「オクマ」。アメリカ、ヨーロッパ、北米やアジアなどワールドワイドに流通するオクマリール。低価格&高性能のリールをリリースしている。ゼニスは山口県下関市にあるロッドメーカー。ショアからオフショアまで幅広くルアーロッドを展開。ロッド製作工程の多くを自社で行い、高品質で定評がある。