ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【可動式フックを採用/バラシ&根掛かり激減】ハタ類を攻略する特殊構造シンキングペンシル!ルーディーズ「魚極ペン100」に注目

アジ・メバルやクロダイにロックフィッシュなどなど…。

金丸竜児さんが代表を務めるSWルアーブランド「ルーディーズ」。SWルアーマンがソソられる数々の釣れるルアーを沢山輩出しています。

そんな中、2021年8月。超変わり種な新作ルアーが登場したことは皆さんご存知でしょうか?

 

魚極ペン100【ルーディーズ】

2021年8月登場

ジグヘッドよりアピールしたい、メタルジグだとフォールが速すぎる」ハタゲームにおいて、ワームとジグの中間的存在なルアーが欲しいという思いから開発されたのが「魚極ペン100」。

サイズ ウエイト カラー 入数 付属品 税込価格
100mm 25g/35g 6色 1個入 #3/0シングルフック&オリジナルブレード 1320円

ルーディーズ公式「魚極ペン100」詳細ページはこちら

 

可動式フックが搭載!「Lock or Alive(ロック オア アライブ)」を採用

ジャンルはシンキングペンシルですが、シングルフック仕様になっています。ただ、ビックリなのが、魚が掛かると同時にフックが可動式になります!

え?どういうこと?って思うかもしれませんが、ルアーを操作している時は、フックがボディのスリッドに沿って本体に内蔵してあるマグネットで固定。

コレが魚が掛かると共に外れて可動する仕組みに! 凄くないですか? 「Lock or Alive(ロック オア アライブ)」という独自技術で、ルアー操作時は根掛かりを少なく、ヒットしてからはフックが可動してバラシを大幅に激減するという構造です。

 

また、テール部にはオリジナルブレードを搭載。ルアー本体のアクションに加え、ブレードによるフラッシングでも広範囲のハタ類にアピールしてくれます。

また、エイトカンに市販のトレブルフックを装着することで、通常のシンキングペンシルとしても使用できます。

 

そのままの使用で根魚を魅了! トレブルフック仕様では青物やシーバスに有効

 

カラーは全6色

カラーはリアル系カラーが充実した全6色展開。

 

ぜひ、ロックフィッシュゲームの新たなパターンとして「魚極ペン100」を投入してみては如何でしょうか?