ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【タチウオゲームで大活躍】グローやゼブラ系のルアーを明るく蓄光!ハピソンの画期的なNEWアイテム「ウェアラブル蓄光器」に注目

ショアからのタチウオゲームが盛り上がってきましたね。

皆さんは狙いに行かれましたか? ジグやワインドに、最近流行りのハイブリッドテンヤゲームなど。狙い方が色々あって面白いタチウオゲームですが、どのルアーを使うにしても何せ光らせることが多い(笑)。

タチウオを沢山釣ろうと思うとグローやゼブラ系カラーを蓄光させて、広くアピールすることが重要になってきます。ただ、光らせる作業って何かと面倒、「もっとラクに素早く蓄光させたい」と思っていたトコロ、つい先日、あるアイテムが記者の手元に到着!

 

ウェアラブル蓄光器【ハピソン】

発売中

タチウオゲームでグローやゼブラ系のルアーを使用する際に持っていると重宝するNEWアイテム、ハピソンの「ウェアラブル蓄光器」を今回は紹介。最大の特長はスピーディーにルアーを超明るく蓄光させれるトコロ!

具体的な特長を紹介する前に、まずは実物の写真と、ルアーを蓄光させているショートムービーをご覧になってみてください!

【価格】オープン

【使用電池】乾電池単4形x2本(別売)

【使用光源】紫色LEDx1個

【使用温度範囲】0~40℃

【電池寿命】点灯回数 約300回(Panasonicアルカリ乾電池使用時)

【外形寸法】約幅127×奥行34×高さ62mm

【質量】約112g(電池含)

【防水】IPX5

 

パッケージを開封すると取扱説明書が付属

 

本体を開くとこんな感じ!

 

ショートムービーもぜひチェック!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

ショートムービーをご覧になってお分かりいただけたと思いますが、メチャ明るくないですか? 最初蓄光させた時、正直ビックリで、軽く光を当てただけなのに、ムラなく超明るく光ってくれて蓄光している時間も比較的長めでした。均等に光ってくれるのがイイですよね。

 

この明るさにはビックリ

 

本体端に電源ボタンがあり、そこを長押しするとUVライトが点滅して電源が入ります。

その後はルアーをかざすだけで自動的にUVライトが点灯して、ルアーを光らせることが可能。毎回スイッチを押す必要もなく、一般的なUVライトより光の当たる面積も広くてカナリ明るい印象。光を当てることに対しての面倒さも正直ありませんでした。

因みにスイッチをONにすると、10分間の感知モードが働き、5秒の連続点灯が可能。照らし終えると自動消灯する仕組みになっているので、電源をOFFにする手間も不要です。

 

バッグやライフベストにあのBOXにまでセット可能

蓄光させやすい自分好みの場所に装着できるのも「ウェアラブル蓄光器」の魅力!

本体にクリップが装備されており、バッグやライフベストはモチロン「バケットマウスライト」でもお馴染み、明邦化学工業の2大タックルボックスシリーズ「バケットマウス」、「ランガンシステムボックス」にも対応。

クリップは360度回転可能で、縦と横のベルト両方に装着OK。ロッドを持ったままでもワインドやジグなどを蓄光させることができるので、時合が勝負となるタチウオゲームの手返しUPに貢献! また、コンパクトな形状で邪魔になりにくいため、使っていない時はBOXやバッグへ収納しておくこともできます。

 

ライフジャケットへ装着

 

タックルボックスに装着

 

実釣での使用シーンも参考に!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

タチウオゲームを中心に「ウェアラブル蓄光器」の魅力を解説しましたが、他にもイカメタルゲームやSWライトゲームといった、蓄光させることのあるルアーゲームに広く対応してくれますので、ぜひ気になる方は試してみてくださいね!

ハピソン(Hapyson) プロフィール

充電式チェストライト・インティレイやヘッドライト、蓄光器、水中水魚灯、竿先ライト、バッテリーなどのライト関連、 ライン結び器、針結び器、エアーポンプなどの様々な便利釣具を世に送り出している。