ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

お手軽オカッパリSWゲーム「マイクロショアジギング」で多魚種狙いが楽しい!

寄稿:磯村 満

名古屋港周辺をホームにほぼ毎日湾岸パトロールをしている’’いそにぃ’’こと磯村です。
今回はターゲットを絞らず‘’手軽に楽しく‘’をテーマにライトゲームを紹介させていただきます。

磯村 満(Mitsuru Isomura ) プロフィール

名古屋港周辺をホームに雨ニモマケズ風ニモマケズ…悪天候を物ともせず、ライトSWターゲットをメインに旬なターゲットを求めフィールドに通い続ける。最近ではライトタックルを用いたスタイルにハマり中。1971年8月生まれ。愛知県出身・在住

海のライトゲームはファミリーや友達同士で楽しむには最適

海のライトゲームは重装備は必要なく、軽装でOK! また、サバやカマス、セイゴなど色んな魚が狙えるのでファミリーや友達同士で楽しむには最適です。
使用するルアーも軽量で、使い方も簡単なので女性やお子さんでも扱いやすいのがイイですよね♪

 

お手軽ライトSWゲームでオススメのルアーなのがギャロップベイビー

さて、そんなお手軽ライトSWゲームで私がオススメするルアーなのがギャロップベイビー

ラインナップは現在3g・5g・7g・10gと使いやすいウェイトでカラーは8色展開。

小さいサイズながらも魚種を問わず大きなアピール力を発揮します。

ターゲットになる魚は小型~中型が中心になってくるので、あまり遠投しなくても飛距離はチョイ投げ程度で大丈夫。むしろ投げすぎるとラインがたるみ過ぎて操作しづらくなるので要注意。

またキャストせず、堤防に沿って足元に落としてロッドを細かく上下に刻んで動かしてやるのもオススメです。

あと漁港で使う場合は停泊している船の間に落としてチョンチョン動かしてやるのもイイですよ!
その場合は必ず船や繋いであるロープに引っ掛けないように細心の注意をしてくださいね。

 

ギャロップベイビーを使ったマイクロジギングは、オフショアでもベイトが小さい時などは、かなり有効

ちなみに上記したようなギャロップベイビーを使ったマイクロジギングは、オフショアでもベイトが小さい時などは、かなり有効なメソッドになります。

先日、私はオフショアのアジングで使用しましたがフォール中やシャクって一旦ステイさせた時でもバイトが出ていました。

タダ巻きでも十分成立しますが、もしタダ巻きするなら鉄PANバイブの方がアピール力はあるので、ぜひ使い分けてみてください。

ジャクソン公式 鉄PANバイブ詳細ページはこちら

水温が温かい時期は活性が高いので魚種を問わず狙えると思います。
寒くなる前にチャレンジしてみてくださいね!