ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ライトタックルで大型の青物を獲る!がコンセプト!ゼニスのオフショアジギングロッド「ゼロシキマッハⅢパワーライト」

出典:ゼニス公式マッハスリーパワーライト詳細ページ

今回紹介するのはゼニスのオフショアジギングロッド「ZEROSHIKI MACHⅢ powerlight(ゼロシキマッハⅢパワーライト)」

ゼニスのゼロシキシリーズといえばジギングロッドの人気シリーズであり、特にこの「ゼロシキマッハ」はブリやヒラマサクラスの大型の青物を狙う本格スペックです。

そんな「ゼロシキマッハ」の第三弾として登場したのがこの「ZEROSHIKI MACHⅢ powerlight(ゼロシキマッハⅢパワーライト)」!

このモデルはこれまでの「ゼロシキマッハ」とは少し異なり、コンセプトも「ライトタックルで大型の青物を獲る」という非常にスリリングながらもゲーム性にあふれた仕上がりとなっています。

近年では細糸のPEラインを使用したジギングが人気を集めていることもあり、そうしたライトテイストに特化した性能になっています。

細身のブランクながらもしっかり曲がるトルク力!

ゼロシキマッハⅢパワーライトのブランクは一見するとライトモデルのようなアクション。

本当にヒラマサやブリとやりとりができるのか?なんて不安に感じる方も多いでしょう。

しかし、実際のアクションはヒラマサやブリといった大物青物にも負けない踏ん張りができるロッドとなっています!

「曲がりの中にトルク有り」といわんばかりの性能で、ロッドを曲げこむことで主導権を与えずしっかりとしたやり取りが可能!

魚のパワーも追従し、いなしながらもこれ以上は…という限界前のところでしっかりと耐えて、負けない強さを秘めています。

実際のテストも九州エリア・鳥羽沖・志摩沖・明石海峡エリアで繰り返し行われているなど、実績十分の仕上がりとなっています。

また、細身のブランクならではの軽快にリズミカルにルアーアクションを入れることが可能。

近海ジギングに最適なロッドとなっています!

展開機種はスピニング・ベイトそれぞれL・ML・Mのパワー設計で3機種ずつの合計6機種。

レングスに関しては全機種共通の1.88m(6.2ft)と、取り回しがよく、近海ジギングはじめ様々なシチュエーションで活躍する性能になっています。

各機種のスペック

スピニングモデル
型番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合ルアーウエイト(g) 適合ラインPE(号) 適応ドラグ(kg) 本体価格(¥)
ZPL62LS 1.88 1 188 174 1.9/7.0 ~140 ~3 5.0kg/45° 33,800
ZPL62MLS 1.88 1 188 178 2.0/7.2 ~160 ~3 5.0kg/45° 34,300
ZPL62MS 1.88 1 188 183 2.1/7.5 ~180 ~3 5.0kg/45° 34,800
ベイトモデル
型番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm)  自重(g) 先径/元径(mm) 適合ルアーウエイト(g) 適合ラインPE(号) 適応ドラグ(kg) 本体価格(¥)
ZPL62LB 1.88 1 188 179 1.9/7.0 ~140 ~3 5.0kg/45° 33,800
ZPL62MLB 1.88 1 188 178 2.0/7.2 ~160 ~3 5.0kg/45° 34,300
ZPL62MB 1.88 1 188 188 2.1/7.5 ~180 ~3 5.0kg/45° 34,800

ゼニス公式ゼロシキマッハスリーパワーライト詳細ページはこちら

ゼニス/オクマ(ZENITH / okuma) プロフィール

1986年に台湾・台中市で設立されたリールメーカー「オクマ」。アメリカ、ヨーロッパ、北米やアジアなどワールドワイドに流通するオクマリール。低価格&高性能のリールをリリースしている。ゼニスは山口県下関市にあるロッドメーカー。ショアからオフショアまで幅広くルアーロッドを展開。ロッド製作工程の多くを自社で行い、高品質で定評がある。