ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

月下美人史上「最も軟らか素材」なアジングワーム、シラスビームに2.8インチが登場!

アジング特集

写真は昨年のアジング取材で、渡邉長士さんが月下美人シラスビームでキャッチしたもの。

2020年に登場となった月下美人シラスビーム。その特徴はというと…。

①月下美人史上最も軟らかい素材
②リブなど装飾がなくナチュラル微波動
③集魚コアの内蔵

出典:ダイワ公式「月下美人シラスビーム」詳細ページ

水中でのヌルヌル系のアクションと、アジのバイトに超フレキシブルに折れ曲がる軟らかさ、そしてアジを寄せてバイトも深く・長くさせる、イワシ油をボディコアに配合した食わせ要素の高さが魅力なのです。

月下美人シラスビームに2.8インチが追加

さて、そんなシラスビーム。上記写真は2.0インチなのですが、2021年はより長さのある2.8インチが追加となりました!

2インチとの比較でいえば、2.8インチと太さは変わりなく、長さだけをプラス。

素材は当然2インチと同様の超ソフトマテリアルで、長さがある分よりしなやかさを増しています。

 

長さがあるものの、非常にソフトな素材なため、アジの吸い込み系バイトにワームが折れ曲がって妨げにならないのは2インチと同様。

リブのないデザインのため、水を噛んでピリピリ動くというより、わずかな潮の流れなどでナチュラルに動くようなイメージ。

そんな基本的な動きの質は2インチも2.8インチも似ているのだが、その動きの幅がもちろん異なってきます。

当然2.8インチは、長さがある分非常になまめかしくホントに生き物らしく動きます。

イワシオイル配合

また、強波動を嫌う時にはナチュラルに漂いながら飽きさせない程度の波動でアジを誘ってくれるのも強み。

そうしたタフコンでは、イワシ油をコアに配合してあるため、味とニオイで食わせの手助けにもなります。

2インチと2.8インチのラインナップとなった月下美人シラスビーム。アクションの大きさなどに差があることから、同じシラスビームでも攻めの幅が広がりますね!

ダイワ公式月下美人シラスビーム詳細ページはこちら

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!