ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ジャッカル/カバークローグランデ】増水後のため池では「バックスライド」が有効!その理由を水野浩聡が詳しく紹介

連載:水野浩聡のOne more fish

こんにちは!

9月に突入し、涼しい日が増えてきましたね。フィールドの水温も真夏と比べれば全体的に下がり始めてきており、そこへ適度に雨も降ってくれているので、水質自体もそこそこ良くなってきているフィールドが多くなってきているように感じます。

 

雨後のため池釣行! ビッグベイトやバイブレーションで周囲をサーチ

さて! 先日、雨による水の入れ替わりがあった後のため池に行ってきました。濁りもそんなにキツい状態ではないものの、水位はほぼ満水レベル。カバーにシッカリと水深が作られている状況です。

シトシトと弱い雨が降る日でもあったので、最初はインレットや排水場所となるコンクリート護岸沿い、ウッドカバーなどの、ピンで存在するストラクチャーや変化に対して「ブラストボーンJr SF」をキャスト、タダ巻きやドッグウォークアクションで誘いを入れますが、予想に反してノーバイト…。

ジャッカル公式「ブラストボーンJr SF」詳細ページはこちら

 

あわよくば、イイ所に入ったら一発で食うかも? なんて期待をしてキャストをしていましたが不発。

ならばと、これから秋の定番ルアーとなる「TN60」の巻きモノ展開にシフトし、インレット沖に広がる水深1m前後のシャローフラットを素早く巻くも、なんとこちらもバイトなし。

ジャッカル公式「TNバイブレーション」詳細ページはこちら

 

満水によってバスのポジションはカバー寄りに

どうやら、この適度に降る条件の良い雨でバス自体はやる気があるものの、ポジションは満水傾向なこともあって、「カバーに寄っているのでは?」と思い、カバー周辺でシッカリ見せていけるような釣りなら反応させれるような気がして、手に取ったのは「カバークローグランデ」の逆刺しセッティング(バックスライド)のノーシンカーリグ。

ジャッカル公式「カバークローグランデ」詳細ページはこちら

 

それを、岸際に並ぶアシに落とし込んでいくと、速攻でバイト! 筋肉隆々の素晴らしいコンディションのバスが釣れてきてくれたことで、この釣りならまだ魚を続けてキャッチできそうだと確信しました。

 

カバークローグランデを使用した理由

因みに「カバークローグランデ」を使用した理由は、水温がバスにとって適水温になっていたから。

夏のようにバスの目の前にルアーを持っていかなくても、ルアーの存在にバスが気付けば、多少離れていてもカバーの外や際まで出てきてくれて、バイトしてくれる状況下だったからです。

とにかくカバー際でルアーに気付いてもらえるように、ゆっくり落としたい狙いがあったのが1点。2点目は、ワームのボリュームをデカくすることで、存在感もあってアピールできること。3点目は、バックスライドセッティングにすることで、移動距離を抑えて誘うことができるということ。

どの要素も、とりあえずバスにルアーを気付いてもらうための理由です。

 

そんなアプローチを心掛けて使用したタックルがこちらになります。

 

タックルデータ

ロッド:ポイズンアドレナ166MH【ジャッカル/シマノ】

リール:メタニウム HG【シマノ】

ライン:レッドスプール(16Lb)【ジャッカル】

 

その後もグッドコンディションのバスが短時間で連発し、タイムアップとなりました。

こういう水の入れ替わりのタイミングは、秋雨前線や台風によるまとまった雨によって起こるわけですが、バスの食い気はシッカリとある状態でもあるので、速く通すリアクション系の巻きモノの釣りではなく、食性に訴えるような釣りの方が効果的な場面も多いです。

水位の上昇や水質の改善などがフィールドで今後見ることができれば、シッカリとボリュームのあるものを使い込んでみてくださいね!

 

因みに巻きモノなどの速い系の釣りに関しては、減水や水質悪化といったような、真逆なコンディション下で効果的な場面が多いです。自分の居るフィールドがどっちに当てはまるか? そこを見極めながら、釣りの展開を組んでいきましょう。

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

 

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい