ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

今江克隆のルアーニュースクラブR「無類の強さ!秋のハイブリッド巻きモノ・チャターのおさらいと最新の使い方を紹介」の巻 第1067回

連載:今江克隆のルアーニュースクラブR
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

カバーコンタクト系「スーパーモグラチャターTG」

そして数年前にデビューしたのが「スーパーモグラチャターTG」である。

チャターベイトが世に氾濫しはじめ、タフなフィールドほどチャター特有の中層モンドリバイトが発生しにくくなった状況で、それを打破するために「カバーコンタクトチャター」としてセッティングしたのが「スーパーモグチャ」である。

同じ3/8ozのヘッドと比較し半分程度の小さなフルTGヘッドと、比較的小さめでロングシャンクフック装備、デフォルトからブラシガードを装着し鍵爪ブレード仕様である。

これは全てがスピナーベイト並みのカバーコンタクトを可能にするための工夫であり、カバーコンタクトした時にヘッドが引っ掛かったり、フックが「横倒れ」したりしにくいように、すり抜け機能を高めているのが「スーパーモグラチャター」の特徴である。

鍵爪&ガード標準装備の「スーパーモグラチャターTG」。コンパクトで抜けのよいTGヘッドで、カバーフルコンタクトできるチャターだ。今江的ベストパートナーは、「ジャバロンネオ97」か「フラットヘッドカーリー3インチ」

㊦が「モグチャパーフェクション3/8oz」、㊤が「スーパーモグチャTG3/8oz」。同じ重さでもTGヘッドの大きさは樹脂タングステンの半分程度になっている。スリ抜け効果は抜群で、同時にフックも小型化できる

この「スーパーモグチャ」には、「ウォブルマックス」と「ピッチマックス」という2種類のブレード設定があり、「ウォブルマックス」には通常の「モグチャ」と同じブレードが鍵爪チューンでセッティングされており、トレーラーの選択によっては暴れん坊にも微チドリにも対応する。

ジャバロンネオ97」が最も簡単にベストセッティングを出せるトレーラーで、今江的にはカバーへのフルコンタクト時に横倒れを完璧に防ぎ最強のガード性能とフッキング性能を両立してくれる「フラットヘッドカーリー3インチ」が最近のヘビロテトレーラーである。

一方で「ピッチマックス」は、ほとんどチドリを発生しない高速直進型チャターで、今江的には「ニードルシャッド」との組み合わせで、特にバスが派手なパワーや水推しを敬遠する水域で使用する。

モグチャ兄弟の中で唯一チドらない、直進高速巻き専用の「スーパーモグチャTG“ピッチマックス”」。今江的ベストパートナーは「ニードルシャッド4インチ

㊨が「ウォブルマックス」、㊧が「ピッチマックス」。ブレード形状、材質、比重の違いでチャターは大人しくもなり、暴れん坊にもなる

ちなみにチャターベイトは「濁った時」にこそ最強パワーを発揮するが、ナゼか霞ヶ浦水系や遠賀川水系のように、常に濁っている水域ではチドリは逆効果のことが多いと付け加えておきたい。

特に霞ヶ浦水系では近年異常にアングラープレッシャーが多いためか、控えめで直進系の弱めチャターが効果的に感じる。

最後に、今江的にチャターの奇跡のチドリは「クリア〜ステインで、カレントの効いた、特にウィードの多い水域でこそ最強無双」だと、昔から実感しています。

3 / 3
前へ