ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【強弱で波動を使い分ける】両極端な攻めが気難しい秋バスに口を使わせる!三宅貴浩による「マグナムクランク&ミドストパターン」

秋のバス釣り特集

 

皆さんこんにちは! 琵琶湖プロガイド、O.S.Pプロスタッフの三宅貴浩です。

皆さん、イイ釣りをしていますか? 灼熱の7月8月から、台風が通過したと思えば大雨による増水、目まぐるしく状況が変化している現在の琵琶湖。

今は初秋を迎えるタイミングとなり、今後まだまだ激しい状況変化が起こることが予想されます。そんな変化の激しいフィールドにおいて、主に意識するべき要素というのは常に存在し、そのキーポイントを基本としながら釣り方や使うルアーを選ぶことによって、タフな状況下でも魚を見つけ出すことができてバイトへ導くこともできます。

今回はそんな秋の状況変化に対して実績の高い「強」、「弱」の両極端なルアーを用いた釣り方と、その攻略法を紹介していこうと思います。

全く性質の違う釣り方ですが、そのメリハリが時に大きな破壊力を生みますので、ぜひ参考にしてみてください。

三宅 貴浩(Takahiro Miyake) プロフィール

パークマリーナをベースとする鬼釣らせ琵琶湖プロガイド。オールラウンドな釣りをメインとし、魚探を駆使したバーチャルサイトフィッシングを得意とする。布目ダムや津風呂湖にも精通し、チャプター、JBプロ戦、ローカル大会等での優勝・入賞多数。大阪府出身・滋賀県在住。 ●琵琶湖ガイド情報● TAKプレミアムガイドサービス=ガイド受付☎077-585-6804(パークマリーナ) 出船マリーナ:パークマリーナ(守山市木浜町1564-31) ガイドエリア:全域

 

「強」の釣りではマグナムクランクを使用

まずは「強」の釣り方が吉と出る、強い濁りが発生した際の各レンジの釣り分け方を紹介。その際に活躍するルアーが、O.S.Pのマグナムクランクベイト「ブリッツマグナムMR」と「ブリッツマグナムSR」です。

name Length Weight Type Hook Size Color Price
ブリッツマグナムMR 90.0mm 45.0g Floating #1 12 2,200円(税込)
ブリッツマグナムSR 90mm 40g Floating #1(Ring Size:#3) 12 2,200円(税込)

O.S.P公式「ブリッツマグナムMR/ブリッツマグナムSR」詳細ページ

 

 

台風と大雨による増水、激濁りなどの大きな状況変化は夏の終わりから秋にかけて例年起こりやすく、そのようなタイミングでは、やはりブリッツマグナムシリーズが超ストロングなパターンになることが多々あります。

 

両モデルの使い分けに関しては様々な要素がありますが、まずは単純にレンジで考えてもらえると良いと思います。増水によってできたシャローカバー周りや水面直下から2.5m前後付近のウイードトップ、リップラップなどのハードカバー周辺では「ブリッツマグナムSR」。

ブリッツMAX DR」で狙うような、2.5m以深のウイード絡みやロックエリア、漁礁などにコンタクトさせて使う場合は「ブリッツマグナムMR」を使用。

 

どちらもタダ巻きをベースにしながらも、状況によってはカバーにコンタクトさせた後に浮上させるアクションを組み合わせることでバイトチャンスが増えます。

 

カラーについて

カラーに関しては幅広く使えるオールマイティーカラーは「ゴーストライムチャート」。

 

濁りが強烈にキツイ際は「マットチャートブルーバック」。ベイトフィッシュを意識した「テイスティシャッド」、「ツレスギル」などのフラッシング効果を利用したアプローチもオススメです。

 

タックルに関しては、基本リールのギア比は5~7まで。ロッドはレングスとパワーがシッカリありながらも柔軟なブランクをもつようなモノがオススメです。

 

タックルデータ参考

ロッド:ブラックレーベル(BLX)LG ( LG 7101HFB-SB)、スティーズ C74MH+【TOPGUN】【ダイワ】

リール:ジリオンSV TW(ギア比5~7まで)【ダイワ】

ライン:モンスターブレイブZ(16~20Lb)

1 / 2
次へ