ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【自重100gアンダーも揃う】従来よりさらに軽量化を実現して振り感も向上!オリムピック「20 カラマレッティー」に注目

もう早くも9月。

まだまだ暑い日が続きますが、いよいよ秋が近づいてきました。これからの季節は、釣れる魚種も増えはじめ、色々なルアーゲームが面白くなってくる季節ではありますが、中でもシーズンを迎えるのがエギング! 夏で一度シーズンオフを挟んだことで、待ち望んでいたエギンガーも多いのではないでしょうか?

さて、そんなこれからハイシーズンを迎えるエギングに、今回オススメしたいロッドがこちら!

 

20 カラマレッティー【オリムピック】

エギング歴が長い方は特に、お世話になったことがあるのでは? オリムピックのロングセラーロッド、「カラマレッティー」。今回紹介するのは昨年2020年にフルリニューアルを遂げたオリジナルモデル「20 カラマレッティー」です。

オリムピック公式「20 カラマレッティー」詳細ページはこちら

 

振り感の軽さが大きく向上

注目してほしいポイントは従来との変更点について! 前モデルよりも振り感がさらに軽くなっています。

自重100g以下のモデルも揃っているということで、エギをさらに軽快にシャクれるようになりました。1日シャクリ続けても疲れにくいため、集中力も持続!

デザインも黒を基調とした落ち着きのあるデザインに変更され。幅広いリールのカラーに合わせやすくなっています。そして、カラマレッティーロゴもバット部へプリント。

コスト面も見逃せないポイントで、国内生産でここまでハイスペックにも関わらず、本体価格2万円台で入手可能というコストパフォーマンスも魅力の1つです。

 

コダワリ満載なブランクス周り

さて、基本性能をシッカリ保ちながら軽量化を実現した「20 カラマレッティー」のブランクス素材には、カーボン繊維を45°方向に交差させて織り込み、曲げ、捻れ、圧縮への強さに対して優れた特性を発揮するオリムピック独自の4軸カーボン、「クワトログラファイトクロスXX」を採用。

コレにより、ブランクスのしなり戻り(形状復元力)が速く、エネルギーロスを最小限まで抑えることで弾き感、振り抜きの良さ、飛距離、正確性が向上。

 

それを、捻れ剛性の高いオリムピック独自の手法である、「G-MAPS」製法で仕上げることで、軽量で高強度。曲げやネジレに強いブレの無いアクションを実現!

ブランクスのしなり戻り(形状復元力)が早いのに加え、強めに設計されたバットパワーがキレの良いダートアクションを生み出し、これまでよりさらにイカからの反応を得るキッカケを作ります。

大型のイカが掛かっても、シッカリしなって引きに追従。主導権を与えない粘り強さを見せてくれます。

出典:オリムピック公式ページ

 

他にも見逃せないポイントが

他にも色々コダワリが詰まっている「20 カラマレッティー」。各パーツも見ていきましょう!

 

ガイド

全モデルに軽量なチタンフレームKガイドを採用。コレも軽量化を実現している理由の1つ。ティップセクションにはトルザイトリングを採用し、ブレやロッドの持ち重りを軽減します。

 

リールシート

軽量・細身で握りやすい、VSSリールシートを採用。

 

グリップ

EVAのセパレートタイプを採用。シート上面の段差を減らして、手の負担を軽減させるグリップデザインです。

 

ジョイント

ジョイントは高精度なスピゴットフェルールで、スムースなベンディングカーブを実現します。

出典:オリムピック公式「20 カラマレッティー」詳細ページ

1 / 2
次へ