ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

シャローのタチウオをジグヘッド+ワームで狙う!エコギアのソフトルアー「パワーシャッド」と「エコギア熟成アクア スーパーどじょう」でドラゴン攻略!

タチウオ特集

今、ハイシーズンを迎えるタチウオ釣り。

タチウオ釣りといえば、大阪湾や東京湾を中心に「テンヤ釣り」が非常に人気の高いことでも知られています。

さて、そんな人気のタチウオ釣りですが、実はジグヘッド+ワームで狙えるのはご存じでしたか?

ジグヘッド+ワームといってもワインドとはまた異なるスタイルで、主にシャローレンジをスイミングさせて狙う新しい釣り方。

東京湾ではもちろん、最近では宮城県など東北地方でも手軽に狙うことができるなど注目を集めています!

今回はそんなジグヘッド+ワームを使ったタチウオ釣りについて、エコギアプロスタッフ榎戸富さん荻野貴生さんに基本的な狙い方やタックル、この釣りならではの魅力について解説してもらいました!

実釣動画は近日公開になりますのでお楽しみに!

大きくて太いタチウオが釣れる!東北エリアで狙うタチウオゲーム

舞台は宮城県の松島湾。

松島湾は日本三景でも知られるエリア、実はこうした東北地方でもタチウオが釣れるようになったのはここ最近とのこと。

ちなみに釣れるサイズも大きくて太いタチウオが多く、狙っても楽しい、釣れてうれしい、そんなターゲットになります!

夏のタチウオにマッチするジグヘッド+ワームの釣り

テンヤやジギングと違い、このジグヘッド+ワームの釣りはヴァーチカル(タテ)ではなくヨコの釣り。

ヨコの釣りの最大の強みといえば、テンヤやメタルジグにはできない長い距離を引いてこれるところ!

夏場の浅瀬に集まるタチウオを狙うにも最適な釣りといえるでしょう。

加えて、タチウオは捕食があまり上手な魚ではないため、スイミングなどスローの誘いにもマッチするのも大きなポイント!

アタリがシブいときなど、喰わせの誘いがしたいシーンでも活躍する釣りとなっています。

基本的に船長の指示棚に合わせて、引いてくる釣りになるのですが、潮の流れやルアー位置の把握、リトリーブスピード、ワームカラーなどテクニカルな要素も凝縮されており、非常にゲーム性に富んだ内容になっています。

使用するワームはエコギアの「パワーシャッド」と「エコギア熟成アクア スーパーどじょう」

今回、使用したワームはエコギアの「パワーシャッド」「エコギア熟成アクア スーパーどじょう」

カラーに関しては、潮の濁りや活性などによって反応が出やすい定番色やセオリーはありますが、複数のカラーを用意しておくのがベスト。

その日のコンディション、時間帯、太陽の出方などによって反応するカラーは変化していくため、セオリーにとらわれず細かくローテーションし、ヒットカラーを見つけていくのがカギとなります。

スイミングで誘うなら「パワーシャッド」が最適

「パワーシャッド」の特長はベイトライクなシルエットに加え、ハリのある硬めのボディ素材で力強いウォブリングアクションを発生させるソフトワーム。

基本アクションはタダ巻きとフォールで誘い、活性が高いタイミングやサーチするときに最適です

ハリのある素材なので、タチウオの歯形も残りやすく、バイトがあったときの確認ができるのもこの「パワーシャッド」ならでは。

サイズに関しては5インチをメインで使用。

潮の濁りなどで、よりシルエットを際立たせたい場面では6インチ、逆にクリアな水質でシビアなシチュエーションでは4インチなど使い分けることが重要となります。

Length (inch / mm) Pcs. メーカー希望本体価格(税抜き)
3″ / 73mm 8pcs. ¥650
4″ / 100mm 7pcs. ¥650
5″ / 115mm 7pcs. ¥650
6″ / 150mm 5pcs. ¥800

エコギア公式「パワーシャッド」詳細ページはこちら

喰いがシブいときには「エコギア熟成アクア スーパーどじょう」

対して「エコギア熟成アクア スーパーどじょう」は活性が低いときに有効なアイテムで、エコギア熟成アクアによる集魚効果とボディに刻まれたリブが水をつかみ、生命感あるアクションを演出。

ボディにリブがあることでしなやかにアクション出来るのもこの熟成アクアスーパーどじょうならでは

リトリーブスピードやロッドアクションで簡単に誘いの動きを演出できるため、波動を嫌うシーンではスローにI字引き、スイミングで反応しないときなど捕食スイッチを入れるリアクションなど多彩なアプローチが可能となります。

よりエコギア熟成アクアの効果を上げたいときには、「エコギア アクア携帯パウダー」をプラスするのもオススメ!

エコギア熟成アクアの余分な水分を吸収して液漏れを軽減させるほか、味と匂いの効果をパワーアップさせます。

ジグヘッド装着時に保存液で滑ることもなくなるため、より正確にセットすることも可能です。

「エコギア熟成アクア スーパーどじょう」はS(94mm)とM(110mm)の2サイズ展開。

今回はMサイズをメインに使用しましたが、ベイトサイズによって使い分けることも重要になります。

Length (size / mm ) Pcs. 希望本体価格(税抜き)
S / 94mm 8pcs. ¥800
M / 110mm 7pcs. ¥800

エコギア公式エコギア熟成アクア スーパーどじょう詳細ページはこちら

ジグヘッドに関しては15~40gを使用

ちなみにジグヘッドに関してはウエイト15~40gと状況によって使い分けます。

フォールでのバイトが多くなるため、より反応がシブい場面では軽めのウエイトも重要になってきます。

タックルはテンヤ釣りをそのまま流用可能!

今回メインで使用したロッドはノリーズオーシャン「ハイブリッドテンヤ真鯛」HTM80MH “ALL RANGE MID”「ロックフィッシュボトム ジグヘッドスナッパー」RFB80MHの2本。

ともにテンヤ釣りのモデルをそのまま使用しています。

ノリーズ公式「ハイブリッドテンヤ真鯛」詳細ページはこちら

ノリーズ公式「ロックフィッシュボトム ジグヘッドスナッパー」詳細ページはこちら

リールに関してはスピイングリールのC3000番を使用。

ラインに関してはバイトリーダーも必須!今回は10号を使用。

タチウオの鋭い牙で簡単にラインブレイクされてしまうため、釣りあげた後やアタリがあったときには必ずラインチェックをするようにしましょう。

タックルバランスや詳細に関しては後日改めて紹介します。

ジグヘッド+ワームで狙う新しいタチウオ釣り

タチウオ釣りといえばこれまでテンヤやエサ釣り、ジギングなどが中心でした。

今回紹介したジグヘッド+ワームの釣りはこれまでにはなかった新しいスタイルで、ジギングが厳しいシャローエリアでも成立し、非常にゲーム性に富んだ内容です。

基本、誘いも着底からのタダ巻きなので、難しいテクニックは不要。

タチウオのアタリの出方などは日によって変わるため、ヒットカラーやリトリーブスピード、アクションなど、様々なアプローチを繰り返し、徐々に正解を絞っていく楽しさもこのジグヘッド+ワームの釣りならではの魅力です!

徐々にジグヘッド+ワームのタチウオ釣りを取り入れている船宿さんも増えていますので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう。

撮影協力:釣り船 さざえ堂

釣り船 さざえ堂

〒985-0001

宮城県塩釜市新浜町3丁目30番17号

ご予約・お問合せ:090-2270-6974

ホームページはこちら

エコギア(ECOGEAR)

エコギアはソルトのソフトルアーを中心に開発を手掛けるブランド。ソルトルアー黎明期から味とニオイ付きのワームシリーズを輩出、グラスミノーやパワーシャッドなどは超ロングランヒットを続けている。またブランド名にある通り、環境にやさしいワーム開発にも注力し、エコギア熟成アクアシリーズなどを展開、環境にやさしく、かつ実釣力の高さから多くのアングラーから支持を集めている。