ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

気になる秋イカのポイントは?

連載:池内修次の毎日イカ曜日♪

皆さん、こんにちは~!

デュエルの池内です。

今週も、アオリイカ情報はもちろんのこと、デュエル &ヨーヅリ、ゼスタなどの最新情報をお伝えしたいと思いますのでよろしくお願いします!

秋イカエギングの動向

さて今週のイカ曜日は、先週まで今年の新作エギ3種類を紹介させていただき準備は万端ってところでしょうか(笑)

でも、こんな時にコロナウイルスによる緊急事態宣言や蔓延防止が出てしまい涙涙の池内であります。

でも、準備はしておかないと取材が入って来た時に困っちゃいますからね〜(汗)

では、その秋の新子を狙うに際しどの様なポイントを狙えば良いのでしょう⁇ってお題にしましょう。

今年は異常なほどの雨が各地で降り、大型河川付近では濁りや水潮の影響が少なからずあると思います。

三重県や和歌山県では水温が19℃になってしまう程の長雨が続きかなりの生態系に影響を及ぼしていそうに感じています。

本来ならば、この時期は水温も25〜28℃くらいあるのですが、表面水温とはいえ19℃はヤバすぎます。

でも、少し深場では水温も25℃くらいあるみたいなので一安心ですね。

では、秋の新子はどのポイントを狙えばいいのでしょう?

基本的な秋の新子のポイントは、漁港内の奥の船の係留ロープや小さなワンドの奥にあるシャローエリアになります。

この時期は、新子の一番の天敵である青物がそこら中に湧いています。

その天敵から身を守ることのできるエリアが秋の新子のポイントにはなります。

このまま雨があまり降らなければ、小さな河川の流れ込みである河口が水温も安定しており栄養豊富な水が流れて小魚も集まってきます。

その小魚を狙ってアオリイカも河口に集まってきますので、是非その様なエリアも狙ってみてくださいね。

そんな時に必要なエギが、先週まで3週に渡って紹介してきました「ez-Qキャスト 喰わせラトル、LQ、LCスロー」になりますので、是非よろしくお願いします。
では、また来週のイカ曜日もお楽しみにね〜‼︎

池内 修次 (Shuji Ikeuchi) プロフィール

デュエルプロスタッフで、エギング界のスペシャリストの1人。エギング釣行回数は年間150日以上。 中層エギングをメインに多彩なシャクリパターンを使いこなし、両眼2.0というおっそろしいまでの視力でサイトフィッシングも得意とする、笑顔がステキな寝ても覚めてもエギング! なアツいオトコ。 WEB動画番組「スマイルエギング」にも出演中 https://www.youtube.com/watch?v=fXWFLBamzkQ https://www.lurenewsr.com/32671/