ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【今年の琵琶湖は夏が来なかった?】これからは巻き展開や横方向の釣りがアタル予感!諸富真二が現在の琵琶湖の状況をレポート

連載:諸富真二のめっちゃ若獅子!!

皆さん! こんにちは。

今年の8月は台風に大雨で、各地に甚大な被害をもたらしましたね…。皆様のお住まいの地域は大丈夫だったでしょうかっ。

琵琶湖も連日の大雨でかなりの被害を受け、水位は何と+60cmの大増水! 今は全開放流で水位が少しずつ下がってきていますが、それでも景色が違ってみえるぐらい増えましたね。

諸富真二(Morotomi Shinji) プロフィール

1990年3月生まれ、滋賀在住。シャロー&カバーゲームを得意とし、独自の観点から生まれたアプローチを駆使してデカバスと渡り合う、「琵琶湖の若獅子」。新進気鋭のフルタイムプロガイド。

 

大雨後の琵琶湖の状況

大雨後の琵琶湖で数日出ましたが、今の琵琶湖の状況をざっくり言うと、バスのポジションは「大雨前のまま」って感じです。

 

「水位の急上昇+放流量アップ」でかなり変わったかと思いきや、そうでは無かったのが意外なトコロ。

ただし、場所によっては(※特に南エリア)カナダモ系のウイードがかなり飛んでしまっていて、そういった場所は魚が留まれず「潰れた」と言った感じです。

ただ、大きく変わった部分は「反応するルアー」。かなり強烈な濁りが入ったため、「クランクベイト」などの波動が強い系のルアーへの反応が良くなっています。

 

ただし、コレも全開放流で次の日にはクリアアップしたりと…。(汗)

そうなると8月なのに、まさかのアラバマリグを投入したりすると、狂ったようにバイト連発があったりと。

 

「今の状況であればコレです!」といったことは中々言えない不安定な状況です。

ただ、今年に限った話を言うとスポーニングもダラダラと続き、台風前までは連日水温30度オーバーを記録していたものの、全く魚の季節感は進行していなかったように感じます。

そこに来て、台風&大雨で水温低下&強カレント。という流れを考えると「夏が来なかった」と言えるんじゃないでしょうか?

安定すれば水温的にはまた30度を超えてくると思いますけど、魚はもう秋に向かって動いていくと思いますっ!

そうなるとさらに巻き展開だったり、横方向の釣りを意識して釣って行くのがキーになってくると思います。

バスフィッシングをしている中でも、最も楽しい秋の釣り!(※そんなに簡単じゃないけど…。笑)ガンガン投げて巻いて釣っちゃって下さい! それでは。

 

WEB連載 諸富真二のめっちゃ若獅子!! は隔週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい