ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

「イカがもっとも抱きやすい姿勢」をとことん追求!ヤマシタのイカメタル専用【水平ドロッパー】

SNSを開けば各地で良い釣果。盛り上がってます、2021年のイカメタル。

さて、イカメタルといえば、ご存知メタルスッテ(鉛スッテ)をセット。そして、状況に応じてドロッパーを付けたり、エギを付けたりしてイカを誘っていく釣り。

今回は、その「ドロッパー」の話題です。

 

水中でイカがもっとも抱きやすい姿勢

フワフワと漂わせるイメージのドロッパー。そのドロッパーは、どんな姿勢で水中を漂うと良いのか。

水中でもっともイカが抱きやすいと言われれている姿勢は「水平」です。“エギがステイしているとき水平姿勢を維持するようにできていること”でもそれは明らか。

そこで、イカがもっとも抱きやすい姿勢=「水平姿勢」にこだわって作られたドロッパーが…ヤマシタの「水平ドロッパー」。

 

水平ドロッパー【YAMASHITA】

警戒心の強いイカにも効果的!とされる水平姿勢のドロッパー。その名も「水平ドロッパー」。

 

この投稿をInstagramで見る

 

YAMASHITA Maria(@yamashita__maria)がシェアした投稿

 

サイズ:70mm/95mm 針立て数:5本×2段針

ヤマシタ公式「水平ドロッパー」詳細ページはこちら

 

水平姿勢

 

見ての通り、水平姿勢が最大の特長。

水平姿勢を維持するよう設計されていて、長めのリーダーでもフワフワと水平姿勢で水中をナチュラルに漂いイカにアピール。

個人的には、活性が高い時やしっかりアピールしたい時は、動きが機敏なエギや一般的なスッテを。一方、渋い時はよりナチュラルにフワフワ誘える水平ドロッパーへローテーション…みたいなイメージです。

 

水平姿勢…だけじゃない

①:夜光ボディ

全カラーにグローボディを採用。暗い海中でもしっかりアピール。

 

②:赤目仕様

捕食者に追われとベイトフィッシュはストレスを感じ血液中のヘモグロビンが増えて赤く見える…なんて言われますが、真相はイカに聞かなきゃわからない。

イカに効くとされる赤目仕様を採用。

 

③:よく刺さって、バレにくい!国産針を使用

刺さり抜群、バレにくい丸曲げ使用の国産針を使用。

 

④:ローテーション可能な2サイズ展開

小型~大型まで対応、70mmと95mmの2サイズがラインナップ。

ちなみに浮きスッテで言えば、70mmは2.5号相当、95mmは4号相当になるとのこと。

 

カラーラインナップ

定番カラーからベイト系ナチュラルカラーまで、全10色のラインナップ。

F/赤白

スッテの釣りでは定番の赤白カラー。まずは投入したいパイロットカラー。

 

F/マイワシ

イワシやギビナゴなどのベイトフィッシュを積極的に追いかけている時に有効なベイトフィッシュカラー。乗り渋り時にも有効。

 

F/赤緑

赤白と並んで定番の赤緑。やや活性が低めの時に有効なカラー。

 

F/アジ

若狭エリアなどアジがベイトとなるエリアで有効なカラー。ややイカのレンジが低い時に有効。

F/ピンク黄

メタルハライドランプ下で特にアピールが強いイエロー系。イカがライトの下でも活発にスッテにアタックしてくる時に特に有効。

 

F/シラサエビ

ボディカラーが最も目立つハイアピールカラー。マズメ時などイカの活性が上がり始めるタイミングで有効。

 

F/ピンク

浅タナの高活性時のイカに対応するアピールカラー。特に若狭湾エリアでは鉄板のカラーラインナップ。

 

F/虹

カラーグラデーションが生命感を醸し出し、アクションを加えると強烈アピール。少しイカがスレてきたところで使いたい1本。

 

F/チャートグリーン

減灯時のハロゲンライトに変わったタイミングでアピールが強い。ハロゲンライトの光で反射が強いチャートカラー。

 

F/赤茶

ディープエリアでシルエットがはっきり出やすいカラー。ライト点灯前や減灯時に効果を発揮。

 

さぁ、これからは数釣りに期待のイカメタル。イカメタルのドロッパーとしてはもちろん、オモリグのW仕掛けにいかがでしょうか。

ヤマシタ

「ヤマシタ(YAMASHITA)」は、神奈川県横浜市の老舗釣具漁具メーカー「ヤマリア」のエギング、イカ釣り、タイラバ、タコ釣りなど、海釣り用品に特化したブランド。特にエギングへの造形は深く、エギのスタンダートである「エギ王」シリーズや、「ケイムラ」カラー、「490グロー」カラーなどを送り出し、最新のテクノロジーでエギングの世界を変え続けている。