ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【見えイカ大量】スクイッドジャンキーライブリーダートでエギングの聖地を攻略!ハヤブサスタッフ橋本翔大のエギング釣行レポート(続編)

寄稿:橋本 翔大

 

皆さんこんにちは! ハヤブサスタッフの橋本翔大です。

ハイシーズンは過ぎてしまったものの、いまだデカイカの釣果報告が絶えない鹿児島県。年中イカが狙えるまさにイカ天国です。

どうしてもスクイッドジャンキーシリーズで、デカイカを捕獲したくて、鹿児島県まで遠征に行ってきましたので、その釣行を今回は振り返りたいと思います。

橋本 翔大(Shota Hashimoto) プロフィール

釣具メーカーHAYABUSAスタッフ。愛称は「はっしゃん」。 ジャックアイやスクイッドジャンキーなど、ハヤブサ製品の広告・宣伝に関する全般を担当するメディアアングラー。 幼少の頃から淡水・海水問わず様々な釣りを経験。ハヤブサ社員として営業・商品開発にまで携わってきた経歴を持つ。 エギング、ショアジギングを中心としたルアーフィッシング全般を得意とし、TV番組やYouTubeなど、各種メディアにて活躍中。1993年生まれ 大阪府出身 兵庫県在住

 

2日目はエギングの聖地・甑島で短時間デイエギング

2日目は高速フェリーに乗って、エギングの聖地・甑島(こしきしま)に行ってまいりました!

日帰り釣行のため、時間は短いですが限られた時間の中でなんとかデカイカを捕獲することに成功しましたので、その様子をお伝えしたいと思います。

まずは甑島の里港にフェリーが到着し、船着場のすぐそばでエギング開始! しかし、潮の効きが弱くてあまり可能性を感じられなかったため、外向きの堤防へと移動。

先端から足元を見下ろすと、ベイトも多く、雰囲気がムンムンです!

 

するとなんと見えイカを発見! しかも良型が数杯泳いでいるのを確認できました! 堤防側を向いているので、あきらかに捕食目的で回遊してきていると確信!

そこへシルエットが濃くてアピール力バツグンの「コントラストマジック」を投入! 2~3回シャクリを入れると勢いよく抱いてきました。

 

スクイッドジャンキーライブリーダート

重さ カラー 税込価格
2.5 1 20色 ¥748
3 1 ¥770
3.5 1 ¥792

ハヤブサ公式「スクイッドジャンキーライブリーダート」詳細ページはこちら

 

コントラストマジック

 

スローフォールを演出するライブリーダートはサイトでも強し!

潮が効きだしたタイミングで、ベイトが活発に水面を泳ぎ回るようになってきました。そのタイミングでなんとデカイカのスクールも目撃!

全部キロ後半はあるかのようなビッグサイズが数杯表層あたりを泳いでいるのを確認し、テンションも上がりまくりです。

ここで「UVセクシーバレンシア」を投入!

 

日中のケイムラの効力を信じて少し沖にキャスト。

沖から岸に向かって表層付近を泳がせると、すべてのデカイカのスイッチオン。群れの中でも一番大きいサイズが抱いてきました。

フルフッキングでシッカリ掛けると、ボトムに突っ込むように強烈なジェット噴射。足場が高く角度もあるため中々上がってきません。

ゆっくりと時間をかけて上がってきたのは、重厚感のある立派なオスイカでした!

渋いながらも、大型を狙い撃ちしやすい夏イカ攻略! 興味のある方は一度試してみては如何でしょうか?

 

タックルデータ

ロッド:ラーテル77MH 【ブラックライオン】

リール:ステラ(C3000SDH) 【シマノ】

ハンドル:キャシャロット ef 【ブラックライオン】

ラインソルティメイト PEエギULT HS8(0.6号)【サンライン】

リーダー:アバニ エギングショックリーダー[フロロカーボン]【バリバス】

 

ハヤブサ公式チャンネルで今回の模様が公開中

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。