ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【FACT スタビル】福島健プロデュース! リーダーレスダウンショットとラバージグを融合したNEWルアー!

エバーグリーンFACTから福島健さんプロデュース!ちょっと変わり種のルアーが登場。それは…。

スタビル【エバーグリーン】
2021年7月登場

このスタビルは、リーダーレスダウンショットとラバージグを融合させたちょっと変わり種な新しいジャンルのラバージグ。

ジャンルは一応、ラバージグになるとは思うんだけど、福島さん的には、主役はワームとのこと。

そういった意味から、スタビルのラバージグのラバー本数は少なめ。これはラバーがワーム自体を「軽くカモフラージュ」し「ワーム本来のシルエット」を残すための設定になっているんです。

なお、フックとシンカーはそれぞれ交換可能!
(プライヤーで開閉可能)
福島健ブログ→STABIL

なので、好みや状況に応じてフックサイズ、シンカーのウエイトを選べるようになっています。
ちなみにシンカーを外して超ライトなジグとして使用することも可能!

福島健ブログ→スタビル フック・シンカー交換方法

バリエ 自重 フックサイズ 価格
■3.5g シンカー3.5g/ヘッド2.0g LDマスター#1/0 800円(税別)
■5.0g シンカー5.0g/ヘッド2.0g LDマスター#3/0 850円(税別)

 

スタビルの特長をピックアップ

 低比重合金製ヘッド(ヘッド重量:2g)

硬さ(強度&感度)と軽さ(メインシンカーを邪魔しない)を両立した幅広形状ヘッド。・トレーラーワームの横倒れを防ぐ → ボトムで釣れる姿勢をキープ。フックポイントが常に上を向くため根掛かりが減少、フッキング率が向上。

・ボトムやカバーに対して適度なスタック感を生み出す → 浮き上がりを抑えてボトムキープしやすく、カバーに引っ掛けて誘い、外して喰わせるハングオフテクニックも容易。
・硬質ヘッドがトレーラーワームに先行して進むため、先にボトムやカバーに当たる → 高感度化、かつワームのズレやフックポイントの露出を防ぎ根掛かりが減少。

 

 30度ラインアイ

ズル引きにおいて、通常のリーダーレスダウンショットの場合、フックのアイ(ワームのアタマ)が持ち上がりやすくボトムから浮き上がりがちだったが、スタビルではヘッドが下方向に向かうような位置にアイを設定。ボトムキープが断然容易に。

 

 ダイレクトジョイントアイ

フック、シンカーの動きを妨げない広い可動域を確保する形状のワイヤーアイ。・ワームやヘッドに邪魔されずシンカーからフォールするため、カバーに入れやすくかつタイトな垂直フォールを実現。
スプリットリング等を介さずダイレクトにヘッドとフックがつながる1軸構造。
①横方向へは約360度の可動域を確保→バスがどの方向からでもトレーラーワーム(+フック)を吸い込みやすいためフッキング率がアップ。
②捻じれ方向へは、90度程度捻じれる2軸(リングを介してヘッドとフックをつなぐ)構造と異なり、可動域を45度程度までに抑制→幅広形状ヘッドと相まって
・トレーラーワームが横倒れしにくくボトムで自然な姿勢をキープ。
・フックポイントが上を向きやすいため、根掛かりしにくく、バスの上アゴにフッキングしやすい。

オリジナル形状タングステン製シンカー(比重:約18)

高密度・焼結タングステン素材(比重:約18)を使用しコンパクト化。シンカー下部に平面部を設けた低重心細長形状。・硬質 → 高感度化。
・小型細身 → フォールスピードアップ。すり抜け性能向上。

・3面平面 → スイベル付きで平面部がボトムに向きやすい。シンカーが転がりにくくなり、トレーラーワームの姿勢が安定。
・グラムを刻印。(3.5、5.0)

 

特注シリコンラバースカート×ランダムカット

トレーラーワームを主役と考え、細めのラバーを少なめの本数でハンドタイイング。ラバー自体のアピールに加え、ラバーでワームのシルエットをぼかすモザイク効果でバスに見切られにくくする狙いも。

 

フック(がまかつLDマスター)

福島健プロデュース、リーダーレスダウンショットのための専用ワームフックを採用。

【福島健ブログ】LDマスター解説はコチラ

ラージアイ → 360度全方向からのバイトにスムーズに対応。フッキングが良い。
・鋭角クランク部&ロングシャンク → トレーラーワームのホールド性が高い。
・シャンク部ストレート形状 → ワームの横倒れを抑え、ベイトがボトムを自然に這う状態を演出。バイト~フッキング時にも姿勢が良い状態が続くため、上アゴのセンター付近にフックングが決まりやすくバラしにくい。

 

スタビルのカラーは2ウエイト共通の全9色

 

スタビル関連動画

琵琶湖も必須!FACT「STABIL」むらっちガイドが釣れる理由を実釣解説

出典:YouTubeチャンネル「EverGreenFishing」

釣れる要素もりもりなスタビル! 気になる人はぜひ試してみてくださいね!