ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

メタルジグのカラーセレクト基礎講座【もう迷わない!】SLJ(スーパーライトジギング)満喫法

寄稿:鳴瀬 雄太

鳴瀬 雄太(Yuta Naruse) プロフィール

幼少期より釣りに親しみ、現在は玄界灘・響灘を中心にスーパーライトジギングのエキスパートとして活躍しているサラリーマンアングラー。 休日はほぼ釣り場へと出掛けている。愛称は、なるちゃん・海坊主などなど。 1985年生まれ。福岡県出身  福岡県在住。■ダイワ SWチームテスター

こんにちは! 鳴瀬 雄太です。暑くなって、SLJ (スーパーライトジギング)がアツ~いシーズン!
そんな中、今回は、SLJを満喫するために重要なメタルジグのカラーについてお話させていただきたいと思います!

SLJを満喫するために重要なメタルジグのカラーについて

さてスーパーライトジギングにおいて、ジグのカラー選択は本当に重要な要素の1つになっています。
たくさんのジグカラーがありますが、大きく分けて、3系統カラーパターンがあります。その3系統のカラーをどういう時に使えばイイのか? 具体的にTGベイト SLJ(ダイワ)のカラーを例にとって、ご紹介します。

潮が澄んでいる時やベイトが群れてギラギラしている時はシルバー系

まず1つがシルバー系のカラー。
ちなみにシルバー系にもイワシカラー・ピンクシルバー・グリーンシルバー・ブルピンなど豊富にあります。

で、そんなシルバー系を使う目安としては、潮が比較的クリアーな状態な時や、ベイトフィッシュが群れていてギラギラしている状態の時、そんな状況で実績があるのがシルバー系カラーです。

ダイワ公式TGベイト SLJ詳細ページはこちら

 

潮が濁り気味の時などアピールを強めにしたい時はゴールド系

そして、次はゴールド系。代表的なカラーはグリーンゴールドやアカキンなど。
スーパーライトジギングにおいては、このゴールド系カラーは、無くちゃいけない超実績カラーにまでなって来ていますよね。
私がゴールド系を使用する目安としては、シルバー系とは逆のパターンで潮が濁り気味だったり、アピールをより強めにしたい時にゴールド系を選択し、イイ思いをしています。

ダイワ公式TGベイト SLJ詳細ページはこちら

海中に陽の光が十分に届かない朝マズメの時間帯はグロー系

3つ目は、グロー系。
全体がフルグローのピンクグローやワンポイントのグローがある、グローヘッドシリーズなどがあります。
そんなグロー系が一番力を発揮するのが、朝マズメの時間帯です。

海中にまだ陽の光が届かない時にグローの発光が物凄くアピールしてくれます。

ダイワ公式TGベイト SLJ詳細ページはこちら

以上、この3系統を状況に応じて使い分けるのがオススメです。

 

で、メタルジグのカラーの話で、お知らせしたいNEWカラーがあります!

今までにないカラーパターン!
「アデルフラッシュケイムラフルグリーン」もオススメ

それは今まで無かったカラーパターンが一つ新たにリリースされています。
そのカラーというのが、「アデルフラッシュケイムラフルグリーン」。

ダイワ公式TGベイト SLJ詳細ページはこちら

このカラーは、シルバーでもゴールドでも無ければ、グローでも無いカラーなのですが、ケイムラでのアピールに加えて、フルグリーンと言うシルエットのハッキリするカラーなので、今までのジグカラーには無かった視点でアピールが出来るので、是非とも使ってみて下さい。
実際、「自分もこのカラーには、凄く助けられたシーンもあります!

ぜひ実践投入してみてほしいです!