ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ネイルリグが激効き】タックルやアクション方法などに注目!永野総一朗がカナダモフラットエリアの「ハスパターン」を解説

連載:永野総一朗「たまらんばいスポット大捜査」

今週は舞台を北湖から南湖へ戻し、最近は南湖で釣りをしています。今回はそんな南湖エリアの、アツイ釣り方を紹介していきたいと思います。

永野総一朗 Nagano Soichiro プロフィール

思い出に残る楽しいガイドサービスをモットーに連日出撃中の人気プロガイド「たまらんばい永野」とは彼のこと!! 巻きから繊細な食わせまで幅広く柔軟にこなす人物で、ご存知「高菜漬け」も好評発売中!!  1988年2月生まれ、滋賀で頑張る福岡県人!

 

現在南湖で好調! カナダモフラットエリアでの「ハスパターン」

ここ近年は、定番化している南湖のワカサギボイルパターンが今年も健在で、エリアは大きく3箇所。

木の浜KEマリーナ前、下物の一番沖にある浚渫(ヤマハ沖くらい)、そしてディープホールの東壁。

この3つのエリアは湖上に出ればボートも多いのでスグに分かります。深いエリアが隣接している場所が良い感じのようですね。

これに対し、不人気な南湖南エリアのカナダモフラットでハスパターンを追いかけるたまらんばい。

 

安定しているワカサギパターンに対して不安定ではありますが、人のいないところで伸び伸びと釣りができて快適です。

しかしこのカナダモフラットの釣り、ややこしいことに釣れる場所が魚探では分かりません。

そんな時に、魚探以外で釣れる場所を見つける方法は大きく2つ!

 

カナダモフラットの釣りで釣れる場所を見つける方法

① ベイトが跳ねたり、捕食されている所を見つけてスポットを絞り込む方法。

② ビッグベイトやI字系といったチェイスの多いルアーを投げて、バスを目視。ついてきたらそのエリアで釣りをしながら絞り込んでいく方法。

 

両方していますが、共に狙っている所のカナダモは水深3.5m。カナダモが目に見えるくらいの所まで茂っています。

代表的なエリアは、柳ヶ崎沖、自衛隊〜KKR、ヤマハ沖と、西岸各所のカナダモの生える一帯です。

 

僕のやっていたエリアは、春に少しだけ背の高いウイードが生えていた所で、思いつきで周辺で釣りをしていたところ、近くでハスが追われてそこにポジション調整、そこから連発!という感じで見つけました。

 

主な釣り方とは?

釣り方はノーシンカー(ネイルリグ)。

ハスを意識したスタッガースティックのパターンで狙っています。いわゆる「跳ね」というか「ボトムジャーク」ですね。使うのは「スタッガースティック5in

ハイドアップ公式「スタッガースティック5in」詳細ページはこちら

 

タックルは以下を使用しています。

 

タックルデータ

ロッド:マッカ レッド シグネイチャー (HUMRC-65MHST/RS)【ハイドアップ】

リール:メタニウムXG【シマノ】

ライン:ガノア アブソルート[フロロカーボン](18Lb)【バリバス】

ワーム:「スタッガースティック5in

フック:「Nogales フッキングマスター リミテッドエディション ヘビークラス」(#3/0)。

シンカー:トリガーネイルシンカー(1.8g)【カンジインターナショナル】

 

セット方法は写真のような感じ。ネイルシンカーはフックポイントの少し下。ワームの中央に挿入し、水平フォールするように入れます。

アクション方法は、いつもの着水20秒放置後の2ジャーク5秒ステイで誘います。

 

フォローにプロトの「スタッガースティック4in」を投入

いつもなら上記の釣りだけで完結ですが、今回はフォローとしてプロトの「スタッガースティック4in」を投入しています。

 

使い方やタックルもそのまま5inのものをライトにした感じです。

 

タックルデータ

ロッド:マッカ(64L+)【ハイドアップ】

リール:ヴァンキッシュ2500SHG【シマノ】

ライン:フロロカーボンライン6Lbか、PEライン0.8号+リーダー8Lb

「スタッガースティック4in」には、「Nogales フッキングマスター リミテッドエディション ヘビークラス」(#1/0)を合わせて、お腹にネイルシンカー0.9gを挿入。

使い方は5inと全く同じ。5インチのフォロー的に使います。ラインの走るバイトは最高です。ワカサギパターンの他にこうした釣りもあるので、ぜひお試しください。

 

WEB連載 琵琶湖今釣れるの、ココですばい!!たまらんばいスポット大捜査は隔週 木曜日 配信!

過去の記事もこちらからぜひチェック!