ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

エンジンのブーンに新色追加!人気の腹部ホワイトの注目ラインナップ!

梅雨も明けて夏本番!

夏のバス釣りと言えば、何といっても「虫パターン」。

朝夕のマズメ時はもちろん、リザーバーでのカバーエリアの攻略には欠かすことのできないアイテムです。

出典:エンジン公式スタッフレポート詳細ページ

そんな虫系ルアーの代名詞、エンジンのブーンに2021年、新色が追加されます!

ブーンと言えば羽生和人さんが監修の対房総虫系ソフトベイト。

長年の経験によって培われた経験を凝縮したその性能は、夏のみならず一年中釣れるとも言われています。

今回はそんなブーンの新色と性能について改めて紹介していきます!

虫系ルアーに必要な要素を全てつぎ込んだこだわり

出典:エンジン公式ブーン詳細ページ

ブーンと言えばエンジンの超人気ルアー。

その釣果は亀山ダムを筆頭に房総リザーバーをはじめ全国のメジャーフィールドで多くの実績を上げています。

ブーンはサイズ感からマテリアル、ソルト量、飛距離、移動距離の少なさなど、現代の虫系ルアーに必要な要素を全てつぎ込んだ性能となっています。

出典:エンジン

虫系ならではの吊るしや表層シェイクといったアクションはもちろん、フックもオフセットやマス針など釣法やリグに対応できるように設計されています。

また虫系でもありながらフロッグの要素も兼ね備えており、亀山ダムならではの初春のアマガエルパターンなども網羅しています。

実際、羽生さんがブーンを開発する際、カエルをイメージして作ったのだとか。

アクション自体も吊るし系の釣法はもちろん、カップがついているので首振りのドッグウォークといった表層アクションも対応!

素材は浮力性の高いものを採用しているため、着水音はバスを誘う軽い音を出すことも可能です。

オープンウォーターや岩盤際、カバー際、カバー内の吊るしなどブーンひとつで様々なアプローチができる汎用性の高い性能となっています。

今回の新色はみんな大好きお腹がホワイトカラー

今回の新色は4色!

ブーンの不動の一番人気カラーと言えば「ホワイト」。

カエルの腹部を模したホワイトのカラーは抜群の釣果を誇ります!

その人気もあって今回のカラーは4色中3色がお腹がホワイトのカラーリング!

ちなみにホワイトのカラーも再生産で登場予定とのこと!

追加されるカラーは「アカガエル」・「ミミカエル」・「ミミホワイト」・「スカッパノンホワイト」の4色!

※ミミホワイトはミミズカラー単色

どのカラーも間違いなく釣れるラインナップになっています!

既存カラーとスペック

LENGTH:1.2inch
入数:5
本体希望価格:¥770 (税込)
FECO対応

推奨ラインセッティング:PE1号直結

エンジン公式ブーンの詳細はこちら

ブーンは夏はもちろん、ハイシーズンは11月までと超ロングに使える虫系ルアーです。

亀山ダムなどの房総リザーバーでは一年中活躍できるなど、その性能は虫系というジャンルに納まりきらないハイスペックです!

ぜひこれからのシーズン、ブーンを使用してみてはいかがでしょうか?

リングス(RINGS) プロフィール

釣用品総合商社ツネミのオリジナルブランドRINGS(リングス)。トータルブランドリングスにはさらに3つのカテゴライズがある。実践型バスブランドとなるENGINE(エンジン)、ショアからオフショアソルトまでのソルトルアーゲームアイテムがそろうECLIPSE(エクリプス)、そしてエリアとネィティブの現場からのフィードバックしたアイテムがそろうトラウトブランドDAYSPROUT(ディスプラウト)。