ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【初心者でも簡単に楽しめる】エサを触らず超お手軽!水野浩聡の新感覚「穴釣り攻略法」を公開

ライトロック特集

穴釣り。

堤防の真下や切れ目、テトラポットの隙間などにブラクリという専用の仕掛けを落とし、カサゴやソイをはじめとした根魚を狙う釣り。

基本はアオイソメやゴカイなどが定番ですが、釣りに慣れていない方はエサを触るのに抵抗があるという方も多いハズ。

さて、つい先日。連載「水野浩聡のOne more fish」でもお馴染み「水野浩聡」さんと穴釣りの実釣ロケに行ってきました。

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

 

一般的に知られている穴釣りも手軽ですが、もっと手軽な釣りを見せてくれた水野浩聡さん。

それは、エサを使わずコンパクトタックルで行う新感覚スタイル。今回は水野浩聡さんの「穴釣り攻略法」というテーマで、その日のタックルやリグ、どういったアプローチをしていたのかについて紹介していきます。

 

使用タックルを紹介

ロケ当日、インパクトのある特徴的なロッドを用意していました。

それは2021年フルリニューアルを果たした、ジャッカルのEGGシリーズにラインナップされている「エッグアーム」。

サイズ 自重 価格 ルアーウエイト
負荷
継数 対応リール ライン号数
LONGER 120cm / SHORTY 55cm LONGER 131g / SHORTY 83g LONGER 5,280円 / SHORTY 4,180円(税込) 2タイプともに26g(7号)まで 1 スピニングリール1000~2000番、小型ベイトリール フロロカーボンラインもしくはナイロンライン
・スピニングリール使用時:4~8lb(1~2号)
・小型ベイトキャスティングリール使用時:8~12lb(2~3号)

ジャッカル公式「NEWエッグアーム」詳細ページはこちら

 

従来よりもデザインが変更され、グリップ形状もタマゴ型になって可愛らしくなりました。

長さは「LONGER」と「SHORTY」の2種類がラインナップ。今回の釣行で持ってきていたのはSHORTY。全長55cmの超ショートレングスロッドです。

 

リールはスピニングリールの2000番にラインはPEラインの0.6号。リーダーはフロロカーボンラインの8Lbをセット。

 

使うのは穴釣りに特化した専用リグ「エッグショット」

気になる使用リグですが、穴釣り専用に開発された同じくジャッカルのEGGシリーズにラインナップされている「エッグショット」。

自重 価格 ジャンル 対応リール ライン号数
3号[11g] / 4号[15g] / 5号[19g] / 7号[26g] 418円[11g] / 429円[15g] / 440円[19g] / 462円[26g](税込) 仕掛け スピニングリール1000~2000番、小型ベイトリール フロロカーボン4~8Lb

ジャッカル公式「エッグショット」詳細ページはこちら

 

ショートムービーもぜひチェック!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

因みにその時使っていたカラーは上の写真の通り、「グロー/シルバー」。ウエイトは4号(15g)です。

エッグショット」に装着するのは、「グッドミールシリーズ」というGOODシリーズがラインナップしているワーム。

タックルBOXにキレイに収納されていました。

 

状況を探るため「グッドミール グラブ1.5in」をセレクト

まずは状況を探るため「グッドミール グラブ1.5in」(GOODMEAL GLOW / グッドミールグロー)をチョイス。

釣り始めなので、小さいサイズでもシッカリ掛けれるようにボディを半分ほどカットして使っていました。

サイズ 入数 価格 対応リール ライン号数
1.5inch 8本 528円(税込) 2000~2500番 4~8lb

ジャッカル公式「グッドミール グラブ1.5in」詳細ページはこちら

 

実物がこちら!

 

グラブを装着した理由

初めにグラブを装着した理由を尋ねてみると、水野浩聡さんはどの釣りにおいても、釣り始めはアピール力の強いモノから投入するそう。

その訳は、ターゲットがどこにいるか分からないから。魚からワームを見つけてもらうという目的で、水中で水をかき回して広くアピールしてくれるグラブをセレクトしたと話していました。

穴釣りでもルアーフィッシングの理論をシッカリ活用して当日もコンスタントにライトターゲットを手にしていました。

 

ボリュームアップでサイズアップ狙い! 「グッドミール クロー1.5in」に変更

グッドミール グラブ1.5in」で一通り釣り終えたところで、今度は少しボリュームを上げて「グッドミール クロー1.5in」にシフト!

サイズ 入数 価格 ジャンル 対応リール ライン号数
1.5inch 7本 528円(税込) ワーム 2000~2500番 4~8Lb

ジャッカル公式「グッドミール クロー1.5in」詳細ページはこちら

 

実物がこちら!

 

真っ先に角を狙う

荷物置き場のスグ隣にあった堤防の角を「グッドミール クロー1.5in」で狙っていきます。角地というのは他のルアージャンルでも一級スポット。

エサを追い込みやすくて身を守れる場所が角。つまり魚のストック量も多く、良型も入ってきやすいそうです。

 

そういったことでサイズアップを求めて、角を攻めてみると狙い的中! 良型のカサゴが2連発!

 

今回のロケでは「エッグアーム」と「エッグショット」をメインに使用しながら、2種のワームを上手く使い分けて穴釣りを攻略していました。

「穴釣り」でもこのようにゲーム性があり、シッカリ考えて釣りをすることで釣果アップにも繋がります。

ぜひ、今回紹介したタックルとテクニックを参考にしていただいて、近所の港や堤防で遊んでみては如何でしょうか?

 

実釣動画も公開中!ぜひチェックしてみてくださいね

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

ジャッカル(Jackall)

1999年、現会長・加藤誠司氏と現社長・小野俊郎氏により設立。所在地は滋賀県大津市。国内のみならずアメリカ、ヨーロッパ、アジアでも釣具の販売を展開。ルアーフィッシングの各ジャンルのアイテムを網羅、開発力が高いことでも知られている