ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【同じ条件の中で変化を探す】カバーの付け根にゆっくり正確にルアーを落とす!水野浩聡が夏の陸っぱりでカバー攻めを満喫

連載:水野浩聡のOne more fish

こんにちは! めでたく梅雨明けしましたね。

暑いのが辛く感じる瞬間もあったりしますが、僕はやっぱり夏が好きで常に夏でもイイと思えるくらい。この暑い季節をシッカリ満喫するためにも、連日色々な釣りにトライしています。

 

大江川並みのハイプレフィールド!「牛池」で夏バス攻略

さて、今回はバスフィッシングのネタとさせていただきます。

岐阜県のメジャーフィールドである大江川のすぐ隣にある、「牛池」という入漁券が必要な野池? に行ってきました。

夏のバスを釣る上で必要不可欠である、「流れ」、「シェード」、「カバー」の三要素をこの場所の中で探しながら釣っていくわけですが、牛池に関しては水深の変化はあるにせよ、一周がカバーだらけ。というかアシだらけ。

 

陸っぱりからのアプローチだと、足元に生えるアシをシッカリ撃っていくことが重要で、バスを釣る上では切っても切れない関係性にあるわけです。

場所によってはインレットやアウトレット、ハードボトムに水深変化といった具合に、一見同じように見えるロケーションの中でも複雑な変化があります。

約半日。インレット付近や風の当たるアシ、そして少しでもアシの付け根にエグレが存在しているスポットを重点的にチェックしていきます。

 

効率良くカバー攻めが可能なテキサスリグをチョイス!

とにかく、カバーに対して効率良く攻めていくために選んだのは、オーソドックスなテキサスリグ。

ルアーはプレッシャーにも強いサイズ感ということもありますが、カバーに対してスリ抜けを重視して「ファイボス3in」をセレクト!

ジャッカル公式「ファイボス」詳細ページはこちら

 

これをペグ止めした7gのテキサスで、上記のような場所を何度もチェックしていきます。

牛池は付近の繋がっている川の下流部にある水門の開閉によって流れが発生したり、止まったりするなど、実はよーく観察していると、水の動きが頻繁に起きる場所でもあります。当然そんなタイミングがバスが口を使う1つの地合のような役割もしてくれます。

梅雨明けする直前のタイミングで、当日はシッカリ晴れ間があってバスも上記の夏の三要素を意識していたのか、流れが発生しやすかったり、昼前から吹いた風の当たる面のアシでバイト発生。

やはりその時々の一等地に陣取るバスのコンディションはすこぶる良く、狙っている場所が正解であると一目で分かるような、クオリティーの高い魚が反応してくれました。

 

今回のように、手前にアシが生えている場所はピッチングで的確にアシの付け根に撃ち込んでいく必要があるわけですが、一旦アシの沖側にキャストして、その後手前まで持ってくるようなキャストだと、どうしても水面に迫り出したアシが邪魔をしてしまって、バスがいるであろう付け根部分にルアーが到達しないこともしばしば。

基本中の基本ではありますが、このような時の理想的なアプローチとしては、目には見えていませんが、アシの付け根をイメージして、葉の隙間から付け根に真上から落としていくようなアプローチがベスト。

 

一見複雑そうに見える場所ではあるので、敬遠しがちなアプローチではありますが、夏の日中のバスに関しては、カバーの外側にまでルアーを追いかけて喰ってくれることは少ないので、人間側からバスの目線にルアーを迎えにいってあげる必要があります。

だからこそ、こういった込み入った場所に対して、信頼できるタックルを使って一等地を撃ち抜いていかなければなりません。因みに僕がこの釣りで使用しているタックルは…、

 

タックルデータ

ロッド:ポイズンアドレナ(166MH)【ジャッカル/シマノ】

リール:メタニウムHG【シマノ】

ライン:レッドスプール(16Lb)【ジャッカル】

 

取り回しのイイ丁度な長さと、ロッドのパワーは陸っぱりの釣りにおいては物凄いアドバンテージで、対カバーにはなくてはならないモデルです。そして大事なのがライン。絶対に16Lb以上の太いラインを使用してください。最低でも16Lb。コレは絶対です!

ラインが太いから食わない釣りではないので、掛けてからのことをシッカリ考慮して、太いラインを使ってくださいね。

夏のカバー釣りは、その時の一等地巡りが一番効率の良い攻めだと思いますが、その精度もかなり問われる部分がありますので、ぜひ信頼できるタックルで良い場所は何度も撃ちきりましょう!

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

 

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい