ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【フリーリグとの使い分け方も参考になる】マーモ流「ハニーナゲット」(3.8in)を使用したライトテキサスリグのアプローチテク

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」

皆さんこんにちは!

以前、府中湖で「ハニーナゲット」(3in)のフリーリグを使った釣りを紹介させていただきましたが、今回は最近七色ダムや大江川で調子がイイ「ハニーナゲット」(3.8in)の使い方を紹介させていただきます。

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

 

ライトテキサスリグ&フリーリグの使い分け

3inと同様、「ハニーナゲット」(3.8in)もフリーリグとは相性抜群。

ジャッカル公式「ハニーナゲット」詳細ページはこちら

 

先日訪れた大江川は、少し濁っていて流れがあったため、パワーを上げたいと考えて3.8inの5gフリーリグでアプローチすると、45cmのグッドサイズを捕獲することができました。

 

一方、七色ダムで釣れているのは、ペグ止めアリのライトテキサスリグ。2.7gや3.5gをベースにシンカーウエイトを使い分けます。

フリーリグとどう使い分けるのかを説明すると、ライトテキサスリグではカバー撃ち。フリーリグは沈み物に対してのフォール狙いや、ボトムの変化をズル引いたりして使います。

 

カバー撃ちには少し向いていないかも知れません。カバーに対してフォールさせると、カバーの上に浮いている個体を食わせることはできるかもしれませんが、少し沈んでいるバスに対しては丁寧に攻めることが難しいので、獲れないバスが居ることも事実。

ですので、カバーをタイトに攻めるならライトテキサスリグがオススメです。

 

カバーの濃さやバスの状態でウエイトを使い分ける

シッカリ、スパイラルフォールさせたいのでシンカーウエイトは軽くて2.7gや3.5gがオススメ。

ペグを付けることによって、ラインが木の枝に乗ってもシンカーがペグを軸にしてフォールしてくれるので、カバーの奥まで攻めることが可能です。

カバーの濃さによってシンカーウエイトを変えたり、早いフォールスピードを好むバスもいれば、スローフォール好きのバスも居ます。

1日の中で色々試していただいて、状況に応じて使い分けることが釣果UPのコツでもありますね。七色ダムではブッシュや立木などに絡めてフォールで釣ることが多いですね。

 

ウエイテッドフックを使ったアプローチもカナリ有効

そしてもう1つの攻め方としてオススメなのが、「ウエイテッドフック」を使ったアプローチ。

かなりフワッとさせたい時に、このリグがオススメ。ノーシンカー並にフワッとさせたいけど、ノーシンカーだとスパイラルフォールさせることができない。

そんな時に、ウエイテッドリグが有効。

濃いカバーではこのリグは不向きなので、どちらかといえば、オーバーハングのシェードや沈み物などをゆっくりスパイラルフォールで攻めるイメージ。

ハニーナゲット」はやっぱり、スパイラルフォールすることがギル食いバスに対してすごく有効な理由の1つ。

 

まだまだギルネストがあるエリアも多いですし、沈み物に稚ギルが沢山付きだす時期でもあります。陸っぱりでも、ギルを見かけ時はすかさず「ハニーナゲット」をぜひ使用してみて下さい!

今回紹介させてもらった釣りは、ほとんどフォールを中心とした釣りなのでとても簡単ですよ。

 

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!

 

ジャッカル最新情報はこちら

【BPM】 ジャッカルのバスロッドシリーズBPMが2021年7月フルモデルチェンジデビュー【全16本】

いよいよ登場!【ブラストボーンJr SF】ジャッカルの進化系ビッグベイトにオカッパリでも使いたい150mmジュニアサイズが登場

【2021NEW】BPM ! ジャッカルの人気バスロッドシリーズBPMが2021年7月フルモデルチェンジ・デビュー

【スタッカブルバスケット】ジャッカルから色んなモノを収納できる強靭なバスケットが登場!

【クールネックゲイター】ジャッカルから接触冷感性と耐UV(紫外線)を両立した速乾性素材のネックゲイターが登場

【ジャッカルロゴ・リピールステッカー】キレイにはがせて何度も貼れる立体加工ステッカーが登場!