ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

汎用性抜群のショアシーバスロッド!天龍の「SWAT(スワット)」

天龍から展開中のショア用シーバスロッド、「SWAT(スワット)」

2005年に登場して以降、2020年には3度目となるモデルチェンジがされるなど天龍の中でも特に人気の高いロッドシリーズになります。

現在ではヒラスズキを想定した2機種も追加され、合計6機種のロッドが展開されています。

一年通して楽しめるシーバスゲーム、シーズンや地域によってベイトパターンが変化するなど細分化が進み、難易度も年々上がっていく傾向があります。

そんな現代のシーバスゲームに合わせた最新のモデルがラインナップされています!

ネバリ強さと飛距離を両立したブランク設計!

このスワットのシリーズで特に注目ポイントはブランク設計!

もともとスワットのシリーズが「曲げて獲る」ことをベースに設計されてきましたが、2020年のモデルチェンジではそこに飛距離という要素を追加されています!

C・N・T(カーボンナノチューブ)をブランクに搭載することでネバリ強さと飛距離という相反する要素の両立に成功!

ロッドの曲げこみ・ネバリ強さを上げようとした場合、ブランクの反発力が落ちるのは必然。反発が落ちることで飛距離が伸びなくなってしまいます。

しかし、そこにC・N・T(カーボンナノチューブ)を組み込むことで、ネバリと強度が大幅にUP。

しっかり曲げて獲り切る力と感度・キャストフィールという反比例する要素をバランスよく両立させることに成功しました!

C・N・T(カーボンナノチューブ)についてはこちら

このC・N・Tとは、ロッドの主成分であるカーボン繊維に含まれる樹脂にカーボンナノチューブ粒子を絡ませることで繊維の剥離を防ぐ技術。

簡略化してしまうと、ネバリと強度が大幅にUPし、しっかり曲げて獲り切る力と感度・キャストフィールを持ち合わせたロッドになるということです。

持ち重り感を感じさせないグリップ設計

2020年にモデルチェンジしたスワットはは前作のモデルより数値上やや重量が増しています。

しかし、持ってみると不思議なもので持ち重り感がなく、むしろ軽くなったと錯覚させるほどの仕上がりとなっています。

実はこれにはある仕掛けがあり、リールをセットしたときのグリッピングバランスの調整によるもの。

リアグリップ長を短く設定した機種も展開されているためグリップの構成を見直し、西陣織カーボンを採用したリールシートとEVAグリップの配置のバランスを調整した設計になっています。

そのため手に取ったときの持ち重り感が解消され、より軽くなった感じるほどに進化しています。

西陣織カーボンは京都の西陣織の製法をカーボンシートに反映させたもの。

その織は薄くそして強度の高いため、従来のカーボンシートに比べ軽量ながら、強度に優れた仕様となっています。

リールシートとフォアグリップに採用することで、軽量感が増すといった設計になっています。

ほかにも軽量感・キャストフィールを向上させたガイドパーツ

ガイドにはこのほかにもガイドパーツにはチタンフレームのSiC-SリングのKガイドを採用。

シングルフット・ダブルフッドとガイド位置によって絶妙に配置されているほか、フットの高さも調整されています。

ガイドを軽量にすることで持ち重り感の軽減・ラインのスムーズな放出、ひいてはキャストフィールと感度が大きく改善されています

各ロッドのスペック

モデル レングス( m [ft]) ピース アクション 仕舞寸  (cm) ルアーウエイト(g) LINE(lb・PE号) 先径 ロッドウエイト(g) カーボン/グラス 本体希望価格
(税抜き)
SW842S-LML

(Tidal Walker)

2.54[8’4″] 2 R 131 MAX30 MAX16lb/MAX1.2号 1.7 130 97/3 ¥48,500
SW922S-M

(Overambitious)

2.79[9’2″] 2 F 143 MAX45 MAX20lb/MAX1.5号 1.8 170 96/4 ¥53,500
SW932S-LML

(Tidal Walker)

2.82[9’3″] 2 RF 144 MAX35 MAX16lb/MAX1.2号 1.5 140 96/4 ¥51,000
SW972S-ML

(Distance)

2.92[9’7″] 2 RF 150 MAX 40 MAX16lb/MAX1.5号 1.8 171 96/4 ¥52,500
SW1163S-M

(Variable Master)

3.51[11’6″] 3 RF 121 MAX 50 MAX 25lb/MAX 2.0号 1.9 225 97/3 ¥67,000
SW1253S-MMH

(Variable Master)

3.78[12’5″] 3 RF 131 MAX 55 MAX 30lb/MAX 2.0号 2.1 266 99/1 ¥69,500

スワット詳細ページはこちら

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。