ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【国内生産で3万円台前半】幅広いジグを扱えて大物とのやり取りも安心!オリムピックのライトショアジギングロッド「VENTO(ヴェント)」

ショアからでも青物の釣果がチラホラ。

いよいよショアジギングが面白い季節ですね! ショアジギングも人気ルアージャンルとして定着されるようになりましたが、比較的ライトなタックルで軽量ジグを扱えるライトショアジギングもカナリ流行ってきていますよね!

ライトタックルで楽しめますので、通常のショアジギングより疲れにくいというのも魅力ではないでしょうか。

さて、今回はそんなライトショアジギングで使用するのにピッタリなオリムピックが手掛けるオススメロッドを紹介。

 

VENTO(ヴェント)【オリムピック】

今回紹介するのは、オリムピックのライトショアジギングロッド「ヴェント」になります。ブラックを基調としたシックなデザインがカッコイイですよね。

オリムピック公式「ヴェント」詳細ページはこちら

 

国内生産で3万円台前半! 幅広いジグウエイトに対応

近年流行中のライトショアジギングで必要となる要素を徹底追及したロッド「ヴェント」。

国内で生産されているにも関わらず、税込価格34100円で入手可能。そして、ライトショアジギングロッドにも関わらず、扱えるジグウエイトの幅が広いというトコロが大きな魅力!

キャスト時はジグの重みが程よく乗るように設計されていて投げやすく、アクションもつけやすいので1日中快適に釣りを楽しめるロッドに仕上がっています。

また、ライトショアジギングとはいえ、いつメジロやブリといった大物が掛かるか分かりません。「ヴェント」はそういった不意の大物に対してもシッカリ対応し、寄せてこれる粘り強さも秘めています。

そんな数々のメリットを実現させているのが、オリムピックがこだわった粘り強いブランクスと、その上を纏った「グラファイトクロス」です。

 

グラファイトクロス

 

「グラファイトクロス」を簡単に説明すると、ねじれや潰れに対する強度をアップさせるためのオリムピック独自で開発されている4軸カーボン。

これによって、小型青物から不意の大物に対しても、負荷に応じて素直に曲がってくれ、相手に主導権を与えないやり取りが可能になっています。操作感はライトショアジギングロッド、強度はショアジギングロッド。そう思わせるほど強靭なブランクスを実現しています。

 

ガイドやグリップ周辺にもコダワリが

ガイドやグリップ周りにも色々コダワリが詰まっていますので、そちらも紹介していきますね。

 

ガイド

全ガイドに高強度・高剛性なステンレスフレームガイドを採用。KWガイド(SiC-S)仕様。バットセクションはダブルラッピング仕様に。

 

リールシート

握り込みやすくて操作しやすい、VSS17シートが採用。

 

グリップ

キャストしやすく、ファイト中も力を入れやすいセパレートタイプのグリップ仕様。

 

ジョイント

ジョイント部は、フェルール(逆並継)でまるで1ピースのようなスムースなベンディングカーブを実現。

出典:オリムピック公式「ヴェント」詳細ページ

 

スペックにも注目

ヴェント」のスペックは何と1機種! その理由は前途したように1本で幅広いジグウエイトに対応できるから! MAX60g/40gまでとなっていますが、ティップからバッドまでキレイにしなることで、20gくらいのジグでも快適に扱うことができるそうですよ。

また、タチウオが釣れるエリアでは、ワインドを扱うのにもピッタリ! ドラゴン級の大物用として持っておくのもアリですね。

 

GENTS-902M
Length
(m)
Power Action Weight
(g)
Close
(cm)
Top Dia
(mm)
JIG/PLUG
(g)
PE Line
(号)
税込価格
2.74 M RF <221> 141.8 2.2 MAX60/40 MAX2.0 34100

 

ぜひ、ライトショアジギングに行かれる際は、「ヴェント」を試してみてくださいね!

オリムピック(OLYMPIC)

ブランクス性能と品質に徹底的にこだわった老舗「ロッド」メーカー。和歌山県すさみ町に4000坪という広大な工場を有し、あらゆるジャンルのロッドを生産、販売している。