ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ベイトタックルでのカバーゲームにマッチしたオフセットフック!スーペリオの「CO(カバーオフセット)フック」

JB TOP50で活躍する小森プロが監修するトータルフックブランド、エンジンの「SUPERIOR(スーペリオ)」

出典:エンジン公式スーペリオCOフックの詳細ページ

そんなスーペリオのフックの中でも最も新しく追加されたフックの「スーペリオCOフック」

対カバーに抜群の強さとフッキング力を備えた、これから夏のシーズンにかけては欠かすことのできないフックの一つです。

お察しの通り、ネームのCOはカバーオフセットの頭文字からとられ、対応するリグもテキサスリグやリーダーレスダウンショット、ライトキャロなど幅広く使える性能となっています。

カバー用オフセットフックを追求したシェイプデザイン

今回のCOフックにも小森プロならではのこだわり要素が凝縮!

カバーエリアと言えばなかなかフッキングが決まりにくく、フックにかかる負担も大きく、バスが暴れることで破損やゆがみも起きてしまいがち。

このスーペリオCOフックではそういったアクシデントをより回避できるよう、フックの強度はもちろん、絶妙なバランス設計となっています。

強度を上げるためにただ太くすればよいかというと決してそうではなく、ルアーのアクションや掛かりのバランスなども考慮された設計になっています。

タックルの基本はベイトタックルとなるため、これまでに登場したLO(ライトオフセット)フックではパワー負けしてしまうケースがあるため、より濃いカバー際をどんどんでアプローチできるのもこのCOフックならではの性能となっています。

動画での実釣解説でもありましたが、普段ではためらってしまうようなカバー際も強気なアプローチが可能です!

ラインがズレないFLアイ採用

そして今回のCOフックにもラインアイの部分には「FLアイ」というラインの結び目を保護し、ズレを抑える工夫がされています。

LOフックと同様、このFLアイはラインが当たる位置にくぼみを設けることで結び目が固定されやすく、フッキングパワーが伝わりやすくなっています。

またアイがズレにくいことで、ルアー操作の方向性が定まりやすく、ラインのヨレなどを防止する効果も備わっています。

ほかにもフックポイントには貫通力をアップさせるFコートが施されているなど、カバーの中でもしっかりとバスにフッキングさせられる強さと操作性、トラブル防止といった様々な要素が凝縮されています。

小森プロによるCOフック実釣・解説動画はこちら

スーペリオCOフックのワーム適合表

スーペリオCOフックのスペック

サイズ 入り数 本体希望価格(税込)
#3/0 6 ¥385
#2/0 7 ¥385
#1/0 8 ¥385
#1 8 ¥385
#2 8 ¥385
#3 8 ¥385
#4 8 ¥385

エンジン公式スーペリオCOフック詳細ページはこちら

リングス(RINGS) プロフィール

釣用品総合商社ツネミのオリジナルブランドRINGS(リングス)。トータルブランドリングスにはさらに3つのカテゴライズがある。実践型バスブランドとなるENGINE(エンジン)、ショアからオフショアソルトまでのソルトルアーゲームアイテムがそろうECLIPSE(エクリプス)、そしてエリアとネィティブの現場からのフィードバックしたアイテムがそろうトラウトブランドDAYSPROUT(ディスプラウト)。