ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

エギングロッドの応用力を最大限に活かしたオフショアロッド!天龍の「ブリゲイドフリップTR」

天龍のエギングロッド「ブリゲイドフリップ」をベースにボートエギング(ティップラン)用ロッドとして開発された「ブリゲイドフリップTR」。

もともとの「ブリゲイドフリップ」自体、非常に優れた汎用性で、エギングに限らずショアジギングやロックフィッシュ、ワインドなど様々なライトゲームをカバーできる性能のロッド。

そんな汎用性をオフショアでも活かしたロッドというのが「ブリゲイドフリップTR」になります。

もともとティップラン用のエギングロッド「ブリゲイド スクイッド AR」が展開されていましたが、今回の「ブリゲイドフリップTR」はオフショアで色々遊べるエギングロッドというコンセプトのもと、様々なオフショアゲームもカバーできるユーティリティ性に特化しています。

ちなみにTRというのはお察しの通り、ティップランの頭文字からとられています。

エギングロッドブリゲイドフリップのユーティリティを継承した性能

出典:天龍公式ブリゲイド フリップ TR詳細ページ

「ブリゲイドフリップTR」ではブリゲイドフリップのユーティリティを活かして、ティップランをはじめとしたSLJ(スーパーライトジギング)、イカメタル、バチコンアジングなどをカバーできる万能ロッドになっています。

性能もただ汎用性が高いという訳ではなく、「マグナフレックス製法」を使用した繊細なアタリに感知や、「C・N・T(カーボンナノチューブ)」の粘りを活かしたパワー・ロッドの軽量間など天龍の技術を余すところなくつぎ込んだ仕上がりになっています。

加えて、負担が集中しやすいジョイント部の口元には西陣織カーボンを採用するなど、見た目のデザイン性はもちろん、各パーツにもこだわりを持った仕上がりとなっています。

視認性・感度抜群のマグナフレックス製法ティップ

ティップランにおいてアタリを判断する生命線ともいえるティップ部分にはマグナフレックス製法のカーボンフレックスが採用。

このマグナフレックス製法のカーボンフレックスとは異なる弾性をチューブラ状に作製する技法で、ティップから低弾性カーボンチューブラ→中弾性カーボンチューブラと精製されています。

ティップからバットにかけて負荷に応じてスムースに曲がり、わずかなアタリも感知しやすく、それでいて魚やイカに違和感を与えずに乗せやすい設計となっています。

また、シャクって止めたときのティップの収束時間が素早く、アクションさせてからエギを止めたときのアタリも敏感にキャッチすることが可能です。

カラーリングもティップ部分は変更してあるので、視認性も抜群です。

バット部は高弾性カーボンチューブラにC・N・Tを搭載!

バット部は天龍のテクノロジー、C・N・T(カーボンナノチューブ)が組み込まれているので非常に粘り強いのが特徴!

バット自体は高弾性カーボンチューブラが使用されているので、パワーも備わっています。

マグナフレックス製法・C・N・Tなどのテクノロジーについてはコチラ

トラブルレスのガイド設定

ガイドには全機種ステンレスフレーム、小口径のSICリングが搭載されています。

また、ティップ部にLDB、ベリーからバット部にKガイドを採用しているのでラインの放出もスムーズでトラブル回避にも非常に優れた設計になっています。

各機種のスペックデータ

各モデルのスペック
レングス
( m [ft])
ピース アクション 仕舞寸
(cm)
ルアーウエイト
(g)
PEライン
(号)
リアグリップレングス
(mm)
ロッドウエイト
(g)
カーボン/グラス
(%)
本体希望価格

(税抜き)

1.80[5’11”] 2 R 93 MAX60 (Cast MAX25) MAX0.8 310 82 98/2 ¥40,500
2.00[6’7″] 2 RF  103 MAX80 (Cast MAX30) MAX1.0 310 87 98/2 ¥42,000
1.90[6’3″] 2 RF 98 MAX100 (Cast MAX35) MAX1.0 310 87 98/2 ¥40,500

展開機種は3本。

BFT5112S-MLSはタフな状況と浅場を攻略するのに適したフィネスモデル・浅場から深場まで対応するバーサタイルモデルBFT672S-MS・大物と深場を攻略するパワフルモデルのBFT632S-MHSとなっています。

天龍公式ブリゲイド フリップ TR詳細ページはこちら

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。