ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

天龍・ルナキアのスーパーフィネスモデル「LK582S-LS」を紹介

暑くなってきました。

避暑がてらナイトゲームなんて方も少なくないのではないでしょうか。

これからのナイトゲームの代表格のひとつが、アジング。もちろんデイでも楽しめる釣りですが。

アジングは専用ロッドが不可欠といえる釣りジャンルでしょう。

超繊細なアタリを感じる、掛けられる、さらにはバレやすいアジを最後まで取り込める、そんなロッドが求められます。

そんなアジングロッドの中でも手軽に始められて、王道かつ奥が深いのがジグ単。ジグヘッドリグ単体ですね。

ルナキア・LK582S-LS

今回はアジング(やメバリング)にピッタリなロッド、天龍のルナキアの中から、ジグ単に特化した5.8フィート「LK582S-LS」を取り上げてみたいと思います。

LENGTH
(ft)
アクション ルアーウエイト(g) ライン(lb) PE (号) 自重(g) メーカー希望本体価格(税別)
1.72[5’8″] EX.F MAX2 MAX2.5 MAX0.3 52 ¥35,000

出典:テンリュウ

LK582S-LSは、ルナキアの中で最もショートレングス。スーパーフィネスなジグ単特化型ロッド。

極細のカーボンソリッドティップを持ち、非常に感度が高い。

潮の感触もつかみやすく、もちろんアジからのバイトも明確。

天龍が挙げている参考タックルバランスは、リールを160g以下に、ジグヘッド単体なら1g以下、これにモノフィラメントなら1~3lb、リーダーにフロロ3~5lbといったところ。

ちなみに、ジグ単特化ロッドではあるが、スプリットなどにも対応。スプリットショットリグの場合は2g以下が向くでしょう。

蔵野雅章さんの実釣動画はこちら

ごくわずかなバイトを弾かない

実は、そのティップ、わずかなアタリを感じられるということでキンキン系かと思いきや、イメージよりはしなやかだと思います。

これ、「フッ」とか「ヌッ」としたボヤッとしたバイトを弾かずに食わせられるギリギリの柔軟さ。

これが軟らかスギると、今度はバイトを取るのも難しくなるし、キャストが難しくなります。

LK582S-LSのティップにかけては、しなやかさがありつつも、収束は早い。キャスタビリティも高いんですよね。

また、先に述べたしなやかさは、ジグヘッドのウエイトをしっかり乗せてキャストできることにもつながっています。

居食い系バイトをスイープに

特に居食い系バイトをやや乗せるように、スイープに掛けていくのは大得意。

この手の魚は、即アワセで掛からないことも多いのだが、タイムラグをわずかに作るように掛けていくことが可能。

苦手な方も多いであろう豆アジにも、使いやすい機種かもしれませんね。

天龍公式ルナキア詳細ページはこちら

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。