ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【やはりベイトフィッシュの存在がキー】爆風時にはアラバマパターンも効く!若獅子的アフタースポーン攻略でメインにする3つのパターン

連載:諸富真二のめっちゃ若獅子!!

皆さん! こんにちは。

さて! 6月も下旬に差し掛かり今現在の南湖は「アフタースポーン」真っ盛りといった模様。本来であればこの季節、トップウォーターパターンをメインに組んでいる若獅子ガイドですが、今年はまだ水面まで出ているウイードが少なくて違う展開で釣っています。(※トップで爆発するのはホントもう秒読みだと思いますが、、、)

諸富真二(Morotomi Shinji) プロフィール

1990年3月生まれ、滋賀在住。シャロー&カバーゲームを得意とし、独自の観点から生まれたアプローチを駆使してデカバスと渡り合う、「琵琶湖の若獅子」。新進気鋭のフルタイムプロガイド。

 

アフタースポーンの個体を狙っているメインルアー2選

さて! このアフタースポーンの個体を狙って釣る時、皆さんはどういった事を意識していますか? 私が思うアフタースポーンの絶対的なキーは2つ!

まず1つは、「エビモやフサモ等の縦ストがメッチャ好き」という事。そしてもう1つは「スピードの速いルアーは追えない」。この2つを意識して毎年釣っています♪

今はそんな状態の魚に対して、朝夕のローライト時は「レイダウンミノーMID110」を使用! 日中や晴れの時は何度も紹介している、「エスケープツイン」のパンチショット5gをセレクト。

 

レイダウンミノーMID110

ノリーズ公式「レイダウンミノーMID110」詳細ページはこちら

 

エスケープツイン

ノリーズ公式「エスケープ ツイン」詳細ページはこちら

 

風の強い状況下では「アラバマリグ」がかなりアツイ!

また、爆風時には「アラバマリグ」といったルアーローテで毎日釣っています!

 

狙いドコロは?

エリアとしては、下物、葉山川周辺、瀬田エリア等。今は水深2mまでの水面直下まで生えているエビモやフサモを偏光グラス越しに見ながら釣っていくのがGOOD!

 

ベイトフィッシュの存在はかなり重要

狙いドコロは分かっていても琵琶湖の場合、同じような条件は山ほどある笑。そんな中でも絞っていく際に、重要となるのがやはり「ベイトフィッシュの存在」。

今時期はコアユ、ハス等を好んで捕食しているので、そういったベイトが絡む場所は激ハマりの可能性高し! こんな感じで今回はアフタースポーンに狙いを絞ったお話をしてみました。

 

今後は「アフター回復」や「サマーパターン」へと移行してくるので、そうなったらまた新たな展開が出てくると思います! 湖上は暑くなってきましたが、水分補給はシッカリとして最高に楽しいバスフィッシングをしてくださいね!

 

WEB連載 諸富真二のめっちゃ若獅子!! は隔週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい