ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【流れの当たるウイードが狙い目】表層とギル系が今はアツい!リアルタイムな南湖状況と今後有効になってくるパターンを永野総一朗が解説

連載:永野総一朗「たまらんばいスポット大捜査」

いよいよ夏パターン開幕。

僕は今現在、福島県桧原湖へ遠征に来ております。

 

お店屋さんとの勉強会やボート試乗会、陸っぱりなどの予定です。未知のフィールドでの釣りは本当に楽しい。

琵琶湖通いの方も、お時間があれば他フィールドに少し足を伸ばしてみるのも良いかもしれませんね。

今回は今の南湖の状況と夏のメインパターン、フォローパターンについてお話していきます。

 

トップゲームも同じく流れの当たるウイードが狙い目

エビモやカナダモが伸び、特にエビモに関してはいよいよ水面に顔を出すようになりました。

所々トップが釣れており、今年はポッパー、ペンシル、ガシャガシャウェイク系などいろんな種類のトップウォーターで釣れております。

 

トップで狙うべきウイードはズバリ、いつものごとくですが「流れの当たるエビモ」。浚渫であれば、より沖側にある、もしくは北側に大きな浚渫(穴)があるところ。

南にある台地およびエビモに流れが当たっている、そんな場所がキーです。目視して、エビモが流れで若干傾いていて、かつ水面に近いところがグッドです。

 

西岸で言えば、ミオ筋南側のエビモなんかも流れの当たる代表的なところですね。

トップウォーターを投げる一番のタイミングとエリアは「風無し、波無し、人いない」です。

この条件を満たしていれば、ピーカンの真昼間でも出てくるので、せっかくのシーズンぜひトライしてみてください。

写真はある夕方に近江大橋南のエビモエリアででたトップフィッシュ。最高に気持ち良いですね。

 

トップに出ない時はフォローで「スタッガーワイド」を投入

同じようなエビモを攻める釣りで、トップに出ない時に使っていくのがギルパターンのスタッガーワイドの釣り。

 

HUスライドフォールジグ」 &「スタッガーワイド4in」や、「スタッガーワイドツインテール4in」のたまらんばいショットなどもエビモエリアを中心に活躍中。

 

HUスライドフォールジグ

ハイドアップ公式「HUスライドフォールジグ」詳細ページはこちら

 

スタッガーワイド4in

ハイドアップ公式「スタッガーワイド4in」詳細ページはこちら

 

スタッガーワイドツインテール4in

ハイドアップ公式「スタッガーワイドツインテール4in」詳細ページはこちら

 

たまらんばいショット

 

バイトは決して多くはありませんが、夏らしいデカいバスが釣れるのがやっぱりワイドの釣りです。

ゲストさんからも釣果報告多数いただいております!

 

フォローの最終兵器ネコリグ&ボトスト

それでも基本はノーバイトと隣り合わせなのが今の琵琶湖。確実に釣るフォローは何を入れたら良いのか。ズバリ今一番のフォローはネコリグのボトストだと感じます。

狙うのは西岸のカナダモ、周りより少し背が高かったり、沈みものに被って生えていて、ハンプやパッチになっているところなど。

「山」を意識してみてください。

リグは1.8gのネコリグ。ワームはスワンプをはじめ、「トルキーストレート」【ディスタイル】、「ネコストレート」【ダイワ】など細身で5inクラスがオススメ。

 

使い方はボトムを叩きながらのリーリング

使い方はリグを一旦ボトムまで沈めて「トントントントン」ってロッドを縦捌きで叩きながらゆっくりリーリングするだけ。

ボトムから離さないことがコツで、アクションを継続しながらウイードに引っかけたり外したりを繰り返して引いてきます。

ウイードやボトムにかからなければ、巻くのが速いと言うことなので、ゆっくり目に巻いてあげたりなど、シッカリとボトムをスローに引くことがポイント。そして止めません。

 

重くなるバイトがたまらんばいです。以上!熱中症に気をつけながら今年の夏も、楽しんでくださいね!

 

WEB連載 琵琶湖今釣れるの、ココですばい!!たまらんばいスポット大捜査は隔週 木曜日 配信!

過去の記事もこちらからぜひチェック!