ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

メジャークラフトのアジングワーム&ジグヘッド&メタルジグおすすめ3選

ヒロセマンアジング最新タックル

今回のロケで、ヒロセマンはジグ単とマイクロジグを使ってたんだけど、タックルはこんな感じ!

ジグ単タックル

トリプルクロス・アジングカテゴリーTCX-S682AJI(メジャークラフト)
イージス1003RH(ダイワ)
弾丸ブレイド・ライトゲーム専用X4・0.3号(メジャークラフト)+ソルティメイト・スモールゲームリーダーFCⅡ4Lb(サンライン)

マイクロジグタックル

トリプルクロス・アジングカテゴリーTCX-T682AJI(メジャークラフト)
EM MS2004(ダイワ)


弾丸ブレイド・ライトゲーム専用X4・0.3号(メジャークラフト)+ソルティメイト・スモールゲームリーダーFCⅡ4Lb(サンライン)

 

 

強風時も極細PEセッティングが使いやすかったりする


連日ロケで天候がどうという言い訳ができない超現場型アングラー・ヒロセマンは、デイもナイトも風やシチュエーションを選ばずに的確にバイトを手中に収めるタックルセッティングを実践。

具体的には高感度なアジング専用ロッドに極細PEライン&フロロを合わせるというもの。

強風時にPE?と思うかもしれないけど、0.3号などの超極細PEラインであれば、少々の強風も問題なしで、風でラインが流される状況下でも手元まで明確なバイトを伝達できるため、強風下でディープ攻めなど、バイトが感じにくい状況下でも高確率で豆アジからギガアジまで根こそぎキャッチできるとのこと。

今は極細フロロやエステル系が主体だが、極細PEを改めて使ってみれば、強度以上にダイレクトなアドバンテージに気づくはず!! アタリがあってはじめてチャンスは拡大するはず!!

 

実釣の動画もぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

2 / 2
前へ