ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

コンビネーションジャーク発祥の地で青物爆釣!吉田匡克が本気でブリを狙う実釣ムービーがYouTubeチャンネル「LureNews.TV」で公開!

ジギング特集

オフショアキャスティングゲームとオフショアジギング。

ブリやヒラマサをはじめとした大型青物と強烈なファイトを楽しめる、超エキサイティングなルアージャンル! 突如プラグやジグに襲い掛かるあのドキドキ感が何とも言えませんよね!

気温の上昇と共に青物の活性も増々上がってくるタイミング、楽しむなら今ですよ。さて! 先日、そんなオフショアキャスティングゲームとオフショアジギングに行きたくなるような動画がYouTubeチャンネル「LureNews.TV」で公開スタート!

 

【ブリ&メジロ爆釣】コンビネーションジャーク発祥の地で魅せる!吉田匡克のキャスティング&ジギングゲーム(in丹後沖)

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

 

こちらの動画はコンビネーションジャークの考案者として知られる、「吉田匡克」さんによるオフショアキャスティングゲームとオフショアジギングの実釣動画。

舞台は京都府・丹後沖。このエリアはコンビネーションジャークの発祥の地として知られ、そのジャークの生みの親である吉田匡克さんが、どのようにして本場で青物を攻略していくのかが動画の見ドコロになっています!

最初から鳥山が沸きまくりでナブラも連発! 見ているだけでも画面越しからドキドキ感が伝わる内容に!

吉田 匡克(Masakatsu Yoshida) プロフィール

1968年生まれ兵庫県在住。 西日本から九州エリアのオフショアゲームを網羅するジギングアングラー。 魚の活性をコントロールしてバイトにつなげる「コンビネーションジャーク」の考案者。 各フィールドで爆釣劇を繰り広げている。

 

キャスティングとジギングの2部構成

動画内では、前半の鳥山が沸いているタイミングではキャスティングがメイン、ナブラが終わって青物のレンジが下がったタイミングにジギングへシフトするという2部構成になっています。

まず、キャスティングではダイワのNEWダイビングペンシル「ソルティガ ラフライド 160Fヒラマサチューン」が大活躍!

 

こちらは「ソルティガ ラフライド 160F」をヒラマサ攻略のために改良したルアー。アイチューンが施されたことで、ダイブをさせやすくなったと同時に水面に飛び出すことも軽減。

この綺麗なロールアクションはヒラマサはモチロン、動画のようにブリキャスティングでも効果的な注目のダイビングペンシルとなっています!

また、「ソルティガ ポップ★スター」(きらきら背黒)でも水面炸裂! プラグでの鳥山攻略方法や、アクション方法などを詳しく解説しているので、参考にしてみてくださいね。

 

ジギングでは超定番ジグ、「ソルティガ FKジグ-H」と「ソルティガ TGベイト」も活躍! 各ジグのアクションテクから、使用する状況などを分かりやすく説明してくれていますよ!

 

解説シーンも注目ポイント!

実釣シーンの間に設けられている解説シーンも注目ポイント!

 

解説シーン① ソルティガ ラフライド 160F

1つ目の解説シーンでは「ソルティガ ラフライド 160Fヒラマサチューン」について。吉田匡克さんなりの特長を分かりやすく紹介。

 

解説シーン② ソルティガ C

2つ目の解説シーンではキャスティングゲームでメインに使用していた、「ソルティガ C」を紹介。2021年の4月にリニューアルを果たし、オフショアキャスティングロッドに必要な基本性能をよりアップさせることを実現したロッドです。

 

解説シーン③ セルテートSW

最後の3つ目の解説シーンは2021年に登場した「セルテート」のビッグサイズモデル「セルテートSW」について。吉田匡克さんが普段の釣りで愛用している中で感じた正直な感想を述べていますよ!

 

終始バイト連発! 実釣中のジグ&プラグのアクション解説も参考に

とにかく見ていただきたいポイントは、迫力のあるファイトシーンと吉田匡克さんのジャーキングテクニック!

状況やジグの形状によって動かし方も色々変えているので、今後ジグを使用する際の参考にしていただければウレシイです。

 

30分以内の比較的見やすい尺となっていますので、お時間のあるタイミングにぜひご覧になってみてくださいね!

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!