ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【アーバンクローラー2.5inch】ウワサのフリーリグ・チニング専用で開発された新作ワームをプロデュースした「もりぞー」が生解説

寄稿:もりぞー(森 浩平)
チヌゲーム特集

大阪の淀川をホームグラウンドに、年中、チニングを楽しんでいる「もりぞー」です。
現在、爆発的な釣果をもたらしてくれている攻めなのが「フリーリグを使ったチニング」!

実は、そんなフリーリグ・チニング専用設計の新作ワームの開発を進めてきたのですが、いよいよこの2021年8月に発売する運びとなりました。
というわけで、今回はそんな新作ワームを詳しくご紹介させていただきます!

森 浩平(Kohei Mori) プロフィール

愛称は"もりぞー"。大阪湾の淀川をホームグラウンドに、ベイトタックルスタイルで年間2,000枚を超えるチヌ・キビレを水揚げするチニングエキスパート。 デイ、ナイト問わず、チニングをメインにシーバスや季節の釣りを楽しんでいる。

【フリーリグ・チニング専用ワーム開発秘話】
アーバンクローラー2.5incjh【ダイワ】

アーバンクローラー 2021年8月登場!

フリーリグ・チニングに特化したワームとして、私自身がプロデュースさせていただいたのが、このアーバンクローラー2.5inch。
まずは、どんなモノなのか? 画像を見てください。

 

アーバンクローラー2.5″もりぞー生解説【チニング フリーリグ専用ワーム】

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

それではアーバンクローラーを詳しくご紹介していきます。

アーバンクローラー解説INDEX

 

アーバンクローラーの開発コンセプトは?

フリーリグ・チニングの強みは、ブラックバスのワーミング同様、季節や状況に応じた細かなワームセレクトが可能な点です。
私自身、チニングで様々な種類のワームを状況に応じてローテーションし使用してきました。

そんなローテワームの中心的存在が、チニングワームの代名詞ともいえるクレイジーフラッパー2.8″(ケイテック)とリトルスパイダー3″(ケイテック)の2つ。

そして、今回、自身が開発するフリーリグ・チニングのワームの第一弾として、このアーバンクローラーに求めたのが、前記した2つのワームの中間的な存在!強すぎず、弱すぎないアピール度と、低速域でもしっかり動くレスポンスの良さ。季節やメソッドを問わず投入可能なオールラウンダー的性質だったんです。

 

アーバンクローラーの特長をピックアップ

オールラウンダーなチニングワームとしてどんな特長を持たせたのか?について、特長をまとめてみました。

アクションレスポンスのいい、薄いダブルカーリーテール形状のアーム

かなり薄いカーリーテールのアームは低速域で起動し、タダ巻き、フォールでウエーブアクションししっかりアピール。
また、止めておいても、わずかな水流に反応してナチュラルにアクションしてくれます。

 

各所にチヌ・キビレを刺激するパーツを配置

水流の反応する触覚、ボディサイドには、タイプの違うレッグを配置

 

折れ曲がりやすく、フッキングを阻害しないボディ形状

折れ曲がってくれることは、フッキング効率、釣果に直接作用するかなり重要な要素!

 

飛距離を出すために、空気抵抗を抑えたパーツ設計&配置

アーム、レッグ、触覚など多くのパーツがありますが、飛距離を出すために、それらのパーツの配置は空気抵抗を極力抑えています

 

表裏、両方で使えるように表裏両面にスリットを配置

 

アーバンクローラーのフリーリグで使用するオススメリグパーツ

推奨フックはスティーズワームフックWOS(ワイドオフセット)#2

推奨フックはワイドゲイプでフッキング率が高いスティーズワームフックWOS(ワイドオフセット)#2がオススメ。

ちなみにケイテックのクレイジーフラッパー2.8″リトルスパイダー3.5″ハリーシュリンプ3″(ボトムアップ)など、チニングのスタンダードと言えるワームもこのフックを共通で使えるようにしてあるので便利

ダイワ公式  スティーズワームフックWOS(ワイドオフセット)詳細ページはこちら

 

シンカーはバザーズワームシンカーTGシリーズを状況に応じて使い分け!

フリーリグシンカーとしてオススメは、形状の種類が色々あって状況によって使い分けできる、タングステン素材のバザーズワームシンカーTGシリーズがオススメ!

シンカーカラーが水馴染みの良いマット仕上げになっているのも、オススメの理由の1つ。
というのも経験上、キラキラした無塗装シンカーを嫌うケースも多いから!

あと通常版より1個単位の価格が安価でお得なプロパックもラインナップされているのも◎。

 

アクション時の移動距離や流れによる転がりを抑えたい時はバザーズワームシンカーTG・ペアーリング。

重量
(oz)
ペアーリング(ノーマル) ペアーリング(PRO)
入数 税別価格(円) 入数 税別価格(円)
1/8(約3.5g) 5 650 14 1700
3/16(約5.3g) 4 650 12 1700
1/4(約7g) 3 650 9 1700
3/8(約10.5g) 2 650 6 1700
1/2(約14g) 2 750 5 1700
3/4(約21g) 1 750
1(約28g) 1 950
1.5oz (約42g) 1 1250

 

スリムタイプのバザーズワームシンカーTG・フリリグSS=飛距離を出したい時、クイックなアクションを出したい。ハードボトムでのスタック回避性能を上げたい時に使用。根掛り回避性能が高いスリム形状。サクサススイベルで回転はもちろんフリー性能UP。

重量
(oz)
フリリグSS(ノーマル) フリリグSS(PRO)
入数 税別価格(円) 入数 税別価格(円)
1/16(約1.8g) 5 650 17 1700
3/32(約2.6g) 4 650 14 1700
1/8(約3.5g) 4 650 12 1700
3/16(約5.3g) 3 650 10 1700
1/4(約7g) 3 750 7 1700
3/8(約10.5g) 2 750 5 1700
1/2(約14g) 2 950 4 1700
3/4(約21g) 1 750
1(約28g) 1 950
1.5oz (約42g) 1 1300

 

バザーズワームシンカーTG・バレット=厳密にはフリーリグではなくテキサスリグですが、フォールスピードを抑えたい、ドリフト時に流れと同調させやすくしたい時に。糸を傷つけにくい樹脂パイプを搭載し、すり抜け性能が高くなっているバレットシンカーです。

重量
(oz)
NEWバレット(ノーマル) NEWバレット(ノーマル)
入数 税別価格(円) 入数 税別価格(円)
1/16(約1.8g) 6 650 19 1700
3/32(約2.6g) 5 650 16 1700
1/8(約3.5g) 5 650 14 1700
3/16(約5.3g) 4 650 12 1700
1/4(約7g) 3 650 9 1700
3/8(約10.5g) 2 650 6 1700
1/2(約14g) 2 750 5 1700
3/4(約21g) 1 750
1(約28g) 1 950

 

 

リグセッティングのキモ シンカーストッパーについて

チニング・フリーリグではシンカーストッパーゴムを使用!

一般的なフリーリグは、シンカーストッパーは付けない、もしくは、ワームからかなり離れた位置に装着してあり、シンカー着底後のワームのフリーな動きで誘ったり、フォール中とシンカー着底後の動きの違いで口を使わせるといった、いわゆる「フォール」中心で食わせるモノだと思います。

一方、フリーリグ・チニングのフリーリグでは、シンカーストッパーをワームの近くに装着することで、リグの一体感を高めダイレクトなアクションを可能にしています。そのおかげで、タダ巻き、ボトムバンプ、ドリフトなど、実に多彩な攻め方ができるようになるんです!

また、完全フリーや距離を開けすぎるとシンカーバイトが多発しますが、ゴムとワームの距離を短くすることで、それも防ぐとこができます。

シンカーストッパーゴムはガチガチに固定するタイプのモノではなく、ファイト中などは、少しズレるぐらいのモノが◎。
というのも、その方が、バラシ率がかなり減るからです!

 

基本的な使い方は3つ!
タダ巻き! ドリフト! ボトムバンプ!

アーバンクローラーの基本アクションは3つ!
その3つとはボトムコンタクトしながらのタダ巻き(スイミング)、ボトムバンプ、ドリフト。
その3つの誘い、いずれでも使いやすいように設計しています。

 

これからの季節にオススメなのはタダ巻き

これから迎える夏のハイシーズンはタダ巻き・スイミングメソッドでの使用が◎。

完全にリグが浮き上がってしまうような早巻きはNGですが、チヌ・キビレはバイブレーションの早巻きにヒットする機動力を持った魚なので、スローなズル引きにこだわらなくても大丈夫です。

「シャッドを程よくボトムコンタクトさせながら巻くようなイメージ」で、テンポ良く巻いて広範囲をサーチするアプローチがオススメ。

なおハクやイナッコ、カタクチイワシ、マイワシと言ったベイトに付いた個体に対し、超軽量シンカーを使った表層/中層スイミングも有効。チニングにおけるワーミング=ボトムonlyという固定観念を捨て去れば、視界が開け、釣果UPに繋がります。

 

ボトムバンプ

アタリがある場所や、冬時期に移動距離を抑えた攻めをしたい時などに有効なのがボトムバンプ!
2段シャクってフォール→着底を繰り返すのが基本動作。着底後に数秒ポーズをとるのもアリ。

 

ドリフト

流れがキツい場所などで有効なのがドリフト。アップストリームで流れに乗せつつ、ブレイク沿いを狙ったり、沖のヨレなどを狙うが◎

 

 

カラーはデイ、ナイトそれぞれを意識した8色を用意

カラーはデイに強いカラー、ナイトに強いカラーを合わせて全8色を用意。
多くのカラーで、お腹側のカラーを変えたツートンカラーを多く設定しています。
ツートンカラーにすることで生き物チック度がアップ、そして明滅効果でアピール力おアップ!

デイゲームで強い4色はこちら!

グリーンパンプキン

 

グリパンチャート

 

キャスティークチョイス

 

ライトグリパンブルー

 

ナイトで強い4色

エビミソレッドゴールド

 

グリパンオレンジ

 

スカッパノンブルー

 

レッドクロー

以上、フリーリグ・チニング専用設計のアーバンクローラーをご紹介させていただきました。ぜひ、チニング釣行で試していただけると幸いです。

今後の展開にも、ご期待ください

全国的な拡がりを見せるフリーリグ・チニングスタイル。
アーバンクローラーを皮切りに、チニングアングラー皆様の「こういうのが欲しかった」を実現していく予定です。
ダイワシルバーウルフ×もりぞーの今後の展開に、ぜひご期待下さい!

日々の釣行・釣果などについては、Twitterで随時、情報発信しておりますので、チェックいただけると幸いです