ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

テイルウォークのアジストSSDに待望のマルチピースモデルが登場!いつでもどこでもアジングが楽しめる!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

テイルウォークの人気アジングロッド「AJIST SSD(アジスト)」に2021年、新モデルが登場!

今回追加されるのはなんとマルチピースモデル2機種!

携帯しやすいので出張先や旅先、バイクでのツーリング先など様々なシチュエーションで楽しめる性能となっています。

出典:テイルウォーク公式アジストSSD詳細ページ

マルチピースモデルとなると気になるのはロッドのしなりや感度。

特に繊細性が求められるアジングにおいてはロッドの継ぎ目が多くなるとそれだけ2ピースや1ピースに比べ下がってしまうもの。

しかし、今回のアジストSSDマルチピースモデルではそう言った懸念点はすべて解消済!

既存のアジストSSDの魅力でもあったソリッドティップ、アジの繊細なバイトをしっかり感じられるセンシティブな高弾性ブランクなど、どれもしっかり継承されています。

もちろんSSDシリーズなのでお値段は2万円前後と非常に手ごろとなっています。

ちなみにティップのガイドパーツには視認性を上げる白のマーカーも!

ナイトゲームなど暗いシチュエーションでもばっちりティップの動きをとらえることができるようになっています。

これまでのマルチピースアジングロッドの常識を覆すショートレングス554

LENGTH (ft.in) PIECE CLOSED LENGTH (cm) ROD WEIGHT (g) ルアーウエイト(g) ラインウエイト(号) 本体希望価格(税抜き)
5.5 4 45 65 MAX3 0.2-0.4 22,000

1g前後のジグヘッド単体を使用したアジングに最適な4ピースロッドです。

潮の流れを鋭敏に感じ取り、アジを掛けた時にはスムーズな曲がりをみせるなど、マルチピースモデルであることを忘れてしまうほどの性能です。

取り回しの良いショートレングスを活かして、細かなリグ操作も非常に得意で、従来のマルチピースロッドに多い「リグ操作時に感度が無くボヤケてしまう」といった現象は皆無。

また、仕舞寸45cmという長さも魅力のひとつで、バッグなどに忍ばせておくのにも丁度良い設計になっています。

高いレベルでゲーム展開が可能な高性能マルチピースアジングロッド604

LENGTH (ft.in) PIECE CLOSED LENGTH (cm) ROD WEIGHT (g) ルアーウエイト(g) ラインウエイト(号) 本体希望価格(税抜き)
6 4 50 67 MAX4 0.2-0.4 22,000

スタンダードなレングスの4ピースモデル。

出張、旅行、遠征先でもより身近にアジングを楽しみたい方にオススメのロッドです。

6ftなので多種多様なフィールドにも対応でき、キャストからフッキングまでの一連の基本動作を1ピースロッドとほぼ同レベルでこなせるハイスペックモデルです。

汎用性と機能性を備えて、仕舞寸は50cmと非常にコンパクト!

隙あらばアジングをしたいアングラーに捧げる一本になっています。

テイルウォーク(tailwalk) プロフィール

株式会社エイテックのルアーブランドが「tailwalk(テイルウォーク)」。ソルト、フレッシュ問わず非常に多くのロッドやリール、アパレルなどを展開。バスではフルレンジシリーズ、ソルトではハイバリューなロッドSSD(ソルティシェイプダッシュ)シリーズや、フラッグシップモデルのTZシリーズなど、ビギナーから上級者まで幅広い層に支持されるアイテムが並ぶ。