ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【沖の縦ストが狙い目】諸富真二がアフターバスの激釣れ釣法「エサケープパターン」を改めて解説

連載:諸富真二のめっちゃ若獅子!!

皆さん、こんにちは!

さて、もう早いもので6月になっちゃいましたねっ。今年は第一陣のスポーニングが始まったのが、3月下旬の大潮辺りでしたが、その後は雨が多くてなんかイマイチ季節の進行を感じない若獅子であります。

毎年、6月であればフローティングミノーなどといった、水面直下の釣りをメインにしていますが、そこまでバスのコンディションが回復している気配がございませんっ。(※ちなみにかなりウイードは濃く生えております‼️)

諸富真二(Morotomi Shinji) プロフィール

1990年3月生まれ、滋賀在住。シャロー&カバーゲームを得意とし、独自の観点から生まれたアプローチを駆使してデカバスと渡り合う、「琵琶湖の若獅子」。新進気鋭のフルタイムプロガイド。

 

今の狙いはアフタースポーニングの個体!重要視している要素とは

上記で述べたこともあって、釣り方もあまり変化無し! 今の季節に1ヶ月以上も同じ魚を狙い続けているのは自分としても珍しいです。

狙いはズバリ! 「アフタースポーニングの個体」。そんな、アフターバスを釣る際に重要視しているポイントが2つあります!

まず、1つ目は「スピードの速いルアーは追えない」ということ。もう1つは「確実に止める間を作る」という事です。

そんなアフターバスをここ最近釣りまくっているのが、何度も紹介している「エスケープツイン」+「リーダーレスDS」(7g)の組み合わせ!

 

エスケープツイン

ノリーズ公式「エスケープ ツイン」詳細ページはこちら

 

狙いドコロとは?

さて、そんな「エスケープツイン」+「リーダーレスDS」(7g)での狙いドコロですが、一言でいうと「沖合にある縦スト」がキモっ!

エリアとしては、浜大津、貝捨て場、ディープホール周辺など。

水深3.5mあたりにポツポツと映えるエビモ、フサモ(※ウイードの種類が重要ではないので、ヒョロ長のウイードを見つけたら投げるべし)にアフターの個体が付いている事が多いです。いや、絶対的に付いてます。

 

アフタースポーンの個体を釣っていく時は縦ストが超重要。それに加えて、何度も言うようにコアユ、ハス等の「ベイトフィッシュ」が絡めば、より激ハマりの可能性高し!

 

キャスト&操作方法について

操作方法ですが、まずはボートを流しながら前方(風下)にフルキャスト。

キャスト後は4.5回シッカリと縦捌きでアクションを加えて3秒放置。この繰り返しで広く釣っていくと、ポスト〜アフターのメスを効率良く釣って行くことが可能なのです。

 

エサケープのタックルセッティング

では、タックルセッティングについてもおさらいしておきます。

ロッド:ロードランナー(ST680MH)【ノリーズ】

リール:ジリオンSV TW(8.5)【ダイワ】

ライン:FCスナイパー(16Lb)【サンライン】

リグ:エスケープツイン(リーダーレスダウンショット)(7g)【ノリーズ】

フック:キロフックナロー(#3/0)【デコイ/カツイチ】

こんな感じです。ロッドは皆さんお使いの7ftまでのMHクラスで対応可能だと思いますよ。

これからバスの状態がさらに回復すると、どんどんルアーを追い回すようになってくるので巻きモノ系やトップウォーターのパターンも成立してきそうな予感。

皆さんもどんどん湖上に出て、最高に楽しいバスフィッシングをしてくださいね。それでは!

 

WEB連載 諸富真二のめっちゃ若獅子!! は隔週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい