ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ベイトによってルアーをアジャスト】北田朋也が実践!霞ヶ浦水系の陸っぱりで活躍するO.S.Pルアーを使ったアプローチ方法を紹介

寄稿:北田朋也

霞ヶ浦水系&利根川水系をメインエリアにしているO.S.Pプロスタッフの北田 朋也です。

スポーニングも一段落して、最近はアフター回復系のバスを中心に狙っていっている訳ですが、新製品を含むO.S.Pルアーがカナリ活躍してくれています! という訳で今回は少し、霞ヶ浦水系のアフターバス攻略について紹介していきたいと思います!

北田 朋也(Tomoya Kitada) プロフィール

2003年NBC陸釣りクラブ利根川戦優勝。2015年チャプター茨城ボート部年間3位。2016年チャプター茨城ボート部年間4位。また釣具店主催の大会でも数多くの優勝経験を誇る。幼い頃より地元の水郷エリアを中心にバスフィッシングを続けており、ロコならではのコアな情報や「霞水系」「利根川水系」の楽しさを発信中!

 

朝マズメの浅いレンジに居るバスにはライトリグを投入

まずは朝マズメについて。

日が昇ったタイミングは大きめの個体が浅いレンジで目視できたり、流入河川で釣れることが多くなってきています。

そんなタイミングで、私がこの季節に多用しているのが「HPバグ1.5in」のノーシンカーや「HP3Dワッキー」のネコリグ。フワフワと漂わせるような誘い方でアプローチしています。

 

HPバグ1.5in

サイズ カラー 数量 税込価格
1.5in 13色 8 858円

O.S.P公式「HPバグ1.5in」詳細ページはこちら

 

HP3Dワッキー

サイズ カラー 数量 税込価格
3.7in・4.3in・5in 16色 11(3.7in)・9(4.3in)・8(5in) 858円※エコトーナメント対応モデル(Fマーク有)

O.S.P公式「HP3Dワッキー」詳細ページはこちら

 

 

産卵の終わったバスは、体力をを使わず身近で食べられるコンパクトなエサを好む傾向が強く、大きめのルアーだとバイトがあってもフックアップしないことも多々あります。

ですので、吸い込み易いルアーをセレクトしてあげることで釣果を伸ばす事ができます。

また、今季はサイト専用ワームである「MMZ」が加わったことで心強い味方になってくれています。

Size Color Count 税込価格
チビ / ナミ 8 チビ10本 / ナミ8本 891円

O.S.P公式「MMZ」詳細ページはこちら

 

ベイトフィッシュを果敢に追っているバスに対してはビッグベイトも有効!

エリアによってはブルーギルをアフター回復で偏食したり、レンギョやボラの稚魚を偏食したりするなど。エリアの性質が強く反映されるバスもいるので、それらの個体に合わせたルアー選択が釣果を伸ばすコツになるかと思います。

下の写真はO.S.Pが開発中のビッグベイト「カレン(プロト)」でキャッチしたバスです。

 

カレン

 

近年難しくなっている霞ヶ浦ではありますが、状況を的確に捉えてアプローチすれば結果も出ますので、ぜひこの時期のバスフィッシングを楽しんでくださいね!

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。