ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【動きは完全に本物の小魚】生命感溢れるライブリーアクションでスレたイカを魅了!ハヤブサ「スクイッドジャンキーライブリーダート」

近年、ルアー開発にも力を注ぐ老舗釣り針メーカー「ハヤブサ」。

メタルジグの「ジャックアイシリーズ」にタイラバの「フリースライドシリーズ」など、これまで数多くの人気アイテムを世に送り出してきましたが2021年、新たにエギシリーズとしてスクイッドジャンキーが始動!

さて、今回は第1弾目としてリリースされた「スクイッドジャンキーライブリーダート」を紹介していきます。

 

スクイッドジャンキーライブリーダート【ハヤブサ】

スクイッドジャンキーシリーズ第1弾目として登場、「スクイッドジャンキーライブリーダート

「ライブリー」という名の通り、リアルなアクションと生感を徹底追及。まず、先行して3.5号サイズが2021年3月に登場し、それに続いて2.5号と3号サイズは、まもなく2021年7月に登場予定となっています。

 

重さ カラー 税込価格
2.5 1 20色 ¥748
3 1 ¥770
3.5 1 ¥792

ハヤブサ公式「スクイッドジャンキーライブリーダート」詳細ページはこちら

 

名の通り生命感のある滑らかライブリーアクションを演出

 

さて、「スクイッドジャンキーライブリーダート」の最大の特長は、とにかくアクションが本物のベイトフィッシュみたいに超リアルなトコロ!

ボディが細く設計されていることで、軽くシャクるだけで水の抵抗を軽減し、軽快で生命感溢れる滑らかなダートアクションを演出!

ターン時はベイトが反転するような平打ちアクションを放ち、スレたイカに猛アピール。

この2つの動きが合わさることで「ライブリーアクション」が生み出されます。

 

イカが最も抱きやすい角度のフォール姿勢

イカがエギを抱くタイミングであるフォール姿勢にもコダワリが!

フォール中はイカが最も抱きやすい姿勢・角度を保つように設計され、一般的なエギと比べると若干フォールスピードはスロー。

ジックリとイカにエギを見せつけてバイトへと導きます。

 

アクションが気になる方は以下の動画をチェック!

 

他にも色々釣れる工夫が

ライブリーアクション以外に、色々釣れるための工夫が施されているのも「スクイッドジャンキーライブリーダート」の魅力。

 

スライスシンカー

シンカーは薄型形状の「スライスシンカー」を搭載。

シャクリに対してシャープなレスポンスになると共に、アングラーの負担を軽減させる設計に。軽い力で俊敏な動きを再現します。

 

瞬貫段差フックを使用

カンナに関しては瞬貫段差フックを採用。

フッ素コーティングが施されているので、軽く触れるだけで貫通する鋭さを備えています。これによって掛かりの良さも向上! よりバラシのリスクを軽減します。

 

カラーラインナップは豊富な20種類展開!

カラーは定番カラーからUV系(ケイムラ)、スケルトンボディなど豊富な20種類のラインナップを展開しています。

幅広い状況下をカバーできるカラーが用意されているので、お通いのフィールド状況に応じたカラーをセレクトしてみてくださいね。

 

スクイッドジャンキー ライブリーダート解説動画はこちら

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。