ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

テイルウォークの人気モバイルロッドシリーズ「アウトバック」にライトモデル「アウトバックライト」が新登場!

テイルウォークを代表するモバイルロッド「アウトバック」。

仕舞寸51センチ以下を絶対順守とした人気のコンパクトロッドです。

そんな「アウトバック」に2021年、ライトゲームを中心とした「アウトバックライト」が新たに登場します。

ライトゲームと言えばアジングやメバリング中心に近年ではハゼをクランクで狙うたハゼクラやチヌゲームなどターゲットも豊富で魅力あふれる釣りのジャンル。

これからの時期ではサバやカマスなどの小型回遊魚といったターゲットも楽しめるなど、より身近なフィールドで楽しむことを想定したラインナップになっています。

アウトバックのコンセプトをしっかり引き継いだより扱いやすいロッドシリーズ

今回のアウトバックライトではオリジナルのアウトバックと同様、「仕舞寸51センチ以下」「ベテランアングラーも納得の上質なブランクスを採用」といったコンセプトは変わらずに引き継がれています。

大きく変わるポイントとしてはレングスが取り回しの効く6~7ft前後に設計されているところ。

最長でも7.2ftと扱いやすいレングスが多く、パワーもLを中心にULやL+といった設定になっています。

これまでのアウトバックというと、海外の怪魚やよりパワーのあるターゲットを想定していた部分もありましたが、今回は繊細かつ手軽に楽しめることをベースに開発されています。

ちょっとした小川やため池、用水路などでも息抜きに楽しむことができるのも釣りの魅力。

ロッドには“Your spare time can be fishing time”「あなたの暇な時間は釣りの時間かもしれません」といったメッセージも刻印され、会社帰りに、旅行ついでに、出張先の合間など隙間時間にも楽しめるそんなテイルウォークの思いが感じられます。

繊細性を求めたロッド設計

スピニング機種にはソリッドティップが採用

繊細性を求めたこともあり、スピニング機種(3機種)にはすべてソリッドティップが採用されています。

特にS604Lモデルでは極小のジグ単セッティングにも対応しているのでより繊細さが求められるアジングなどにもソリッドティップは大いに活躍します。

ほかにも軽量ルアーのキャスティングなど様々な場面でソリッドティップのメリットが発揮されるスペックになっています。

モバイルロッドと感じさせないスムーズなベンディングカーブ

モバイルロッドというとピースが多く、しなりや負荷がかかった時のベンディングカーブが気になる方も多いでしょう。

しかし、このアウトバックライトでは各ピースに合わせて適材適所でインロー継ぎと並継ぎを使い分け、スムーズなベンディングカーブを実現。

S725Lを代表するように、ロングレングスであっても曲げてロッドに仕事をさせることができる仕様になっています。スムーズなベンディングカーブはモバイルロッドであることを感じさせない仕上がりになっています。

さまざまなラインに対応した富士工業製SiCガイドを全機種に搭載

ガイドには富士工業製SiCガイドを全機種に搭載しています。

モノフィラメントラインはもちろん、極細PEラインにも対応するガイドスペックとなっています。

全機種のスペック

モデル レングス(ft.in) ピース 仕舞寸(cm) ロッドウエイト(g) ルアーウエイト(g) ラインウエイト(lb) 本体希望価格(税抜き)
S604L 6 4 50 68 MAX4 MAX6 24,000円
S665UL 6.6 5 44 84 MAX3 MAX4 24,000円
S725L 7.2 5 48 87 MAX5 MAX8 25,000円
C665L 6.6 5 44 100 MAX5 MAX8 25,000円
C725L+ 7.2 5 48 105 MAX8 MAX10 26,000円

展開機種は5機種、スピニングは3機種・ベイトは2機種の展開。

スピニングはライトリグを得意とするS604L・汎用性の高いS665UL・「ロッドを曲げて獲る」がコンセプトのロングレングスS725L。

ベイトはベイトフィネスプラッギングに適したC665L・スモールプラグ全般を得意とするC725L+。

特に注目はライトリグを得意とするS604Lとベイトフィネスプラッギングに適したC665Lの2機種。

S604Lに関してはややピーキーなセッティングではありますが、極小のジグヘッドや細かいピッチでのトゥイッチやドッグウォークといったアクションを得意とします。

アジングといった繊細なライトゲームはもちろん、ショートバイトがとらえやすい設計で様々なシーンで活躍してくれます。

出張時の合間やちょっとしたお出かけなどにも最適で、繊細な誘いも得意といしているのでターゲットを選ばない釣りを楽しむことができます。

続いて、ベイトフィネスプラッギングに適したC665L。

近年、ベイトフィネスリールの進化により、様々なフィッシングジャンルに重宝されるようになったベイトフィネスタックル。

トラウトゲームやアジング・メバリングなどのソルトにも使用する人は増えてきています。

取り回しの効くレングスに、バランスの取れたブランク、ショートピッチのキャストをテンポよく決められるなどベイトフィネスの重要素を抑えた設計になっています。

もちろんパワーもあるので、汎用性も高く様々なターゲットにも使用可能です。

ライトに楽しむことができる中でも、キャストの楽しみも求めたい方にオススメの1本となっています。

テイルウォーク公式アウトバックライト詳細ページはこちら

テイルウォーク(tailwalk) プロフィール

株式会社エイテックのルアーブランドが「tailwalk(テイルウォーク)」。ソルト、フレッシュ問わず非常に多くのロッドやリール、アパレルなどを展開。バスではフルレンジシリーズ、ソルトではハイバリューなロッドSSD(ソルティシェイプダッシュ)シリーズや、フラッグシップモデルのTZシリーズなど、ビギナーから上級者まで幅広い層に支持されるアイテムが並ぶ。