ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ハイプレッシャーな「ショアハタゲーム」にメタルジグ! フレッシュな場所を探れるエコギア「ハタジグ」

初夏を迎え、これから盛り上がりを見せるゲームのひとつがハタ系。

このところショアからのハタゲームは、かなり人気ジャンルのひとつ。

フィールド開拓や、海水温の上昇、各種タックルやルアーの進化もあって、ひと昔前よりも身近な所でキジハタやアカハタ、オオモンハタ、マハタといった魚が狙えるようになったのも盛り上がりを見せるひとつの要因。

そうはいってもイージーかといわれれば、そうではない日も多いのが現実ではないでしょうか。

盛り上がりとともに、ハイプレッシャーなフィールドも。

そんな時に試してもらいたいのがエコギアのハタジグ

エコギア・ハタジグ

出典:エコギア公式ハタジグ詳細ページ

その名の通り、ハタ系をターゲットにしたメタルジグです。

ハイプレッシャーなフィールドでは、ソフトベイト系を使った攻略のみでは難しいこともあります。

そんな時にハタジグは、当然メタルジグなので飛距離が稼げ、フレッシュなポイントをスピーディーに探っていけるという利点があります。

これについては、メタルジグ全般のメリットといえると思います。

ではその中でもハタジグの特徴は?

まず、ハタジグは中・低速域のリトリーブでふりふりとテールを振ります。スイミングするジグとでもいえばよいのか、実にナチュラルに誘ってくれます。

これは左右非対称で重心をセンター寄りにすることで、ハタ系が好むアクションをしてくれます。

またフォールではヒラヒラと水を受けながら時間を稼いで、アピール。カラーが片面ずつ違うため、明滅効果もあいまって上から落ちてくるハタジグに思わず口を使ってしまいます。

そして、ショアハタゲームはどうしても根掛かりのある釣り。それを考慮し、標準装備のフックはフロントのみ。根掛かりも軽減させてくれる仕様となっています。

瀬戸浩司さんの解説にもあるのですが、そんな高性能なハタジグですが、使い方で難しいところは一切ナシ。

キャスト、ボトムを取る、巻くをベースにちょっとしたアクションを織り交ぜるだけでOK。

使い方簡単、飛距離も出るハタジグ、釣果に困った時のお守りにひとつ忍ばせてみてはいかが?

ウエイト レングス メーカー希望本体価格(税抜き)
35g 56mm ¥850

エコギア公式ハタジグ詳細ページはコチラ 

瀬戸浩司さんのショア・キジハタ動画もチェック

エコギア(ECOGEAR)

エコギアはソルトのソフトルアーを中心に開発を手掛けるブランド。ソルトルアー黎明期から味とニオイ付きのワームシリーズを輩出、グラスミノーやパワーシャッドなどは超ロングランヒットを続けている。またブランド名にある通り、環境にやさしいワーム開発にも注力し、エコギア熟成アクアシリーズなどを展開、環境にやさしく、かつ実釣力の高さから多くのアングラーから支持を集めている。