ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

バスフィッシング・ライトゲームに最適!ラグゼのランガン用ショルダーバッグシリーズ!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

左:ランガン ライトショルダーバッグ LE300 中:ランガン ショルダーバッグ LE301 右:ランガン ヒップバッグ LE302

今回紹介するのはラグゼのランガン用ショルダーバッグシリーズ!

バスフィッシングやアジング・メバリングのライトゲームなどに不可欠なショルダータイプのバッグになります。

ピックアップするのは「ランガン ライトショルダーバック」「ランガン ショルダーバック」「ランガン ヒップバック」の3種類。

各バッグとも収納はもちろん、ポケットの数などこだわりポイントが凝縮されています!

ランガン ライトショルダーバック LE-300

出典:ラグゼ公式「ランガン ライトショルダーバッグ LE300」詳細ページ

「ランガン ライトショルダーバックLE-300」は左肩掛け用のランガンバック。

メインポケットは「ラグゼ防水ストッカーボックス」なら4個、「メイホウVS3010」なら2個収納可能なサイズ。

メインのポケットはメインポケットは開けると作業台に早変わり! ルアー交換やリーダーの結び直しもスムーズに行えます。

メインポケット内側には簡易防水ジッパー付きポケットが設けられているので、スマートフォンなど機械系の収納にもオススメ。

 

両サイドには、フィッシュグリップやプライヤー、ハサミ、ピンオンリールのホルダーが用意されています。

細かい作業や、すぐに使いたいときに、素早く取り出すことができます。

そのほか、バッグ前面にはコンパクトギャフのホルダー、底部には小型ランディングネットのホルダーも搭載。

底面には水や砂などを排出する穴も設けられています。

カラーラインナップとスペック

カラーはブラックとカモブラックの2種類

素 材:ポリエステル
サイズ:タテ24×ヨコ26×マチ11cm
重 量:995g

本体価格(税抜):4,900円

ラグゼ公式「ランガン ショルダーバッグ LE301」詳細ページはこちら

ランガン ショルダーバック LE-301

出典:ラグゼ公式「ランガン ショルダーバッグ LE301」詳細ページ

こちらは「ランガン ショルダーバッグ LE301」よりも、ひと回り大きいショルダータイプのバッグ(左肩掛け用)。

メインポケットには「ラグゼ防水ストッカーボックス」なら5個、メイホウのVS3020が3個、VS3010なら6個収納可能。

また、こちらのモデルはメインポケットのほか、フロントにもポケットを用意。

フロントポケットは開けると作業台になる機能が搭載され、VS3010を1個収納できるなど、容量も十分確保。内側には簡易防水ジッパーポケットも用意されています。

左:フロントポケットの作業台機能 右:メインポケット

こちらも底部には水や砂などを排出する穴や、小型ランディングネットのホルダーも用意されています。

そのほか、サイドにはロッドホルダーやドリンクホルダーなどが装備されています。

ランガンゲームで求められる効率性・機能性・収納力を備えたバッグとなります。

カラーラインナップとスペック

カラーはブラックとカモブラック。

素 材:ポリエステル
サイズ:タテ24×ヨコ33×マチ15cm
重 量:1,160g
本体価格(税抜):5,800円

ラグゼ公式「ランガン ショルダーバッグ LE301」詳細ページはこちら

ランガン ヒップバック LE-302

出典:ラグゼ公式「ランガン ヒップバッグ LE302」詳細ページ

バッグ本体に関しては「ランガン ショルダーバッグ LE301」と同様。

ベルト部分がショルダーから、ヒップバッグ仕様になったモデルです。ヒップバッグではありますが、肩掛けにもできるよるため、シチュエーションに応じて使い分けることが可能です。

カラーラインナップとスペック

カラーはブラックとカモブラックの2色展開。

素 材:ポリエステル
サイズ:タテ22×ヨコ35×マチ15cm
重 量:1,300g
本体価格(税抜):6,000円

ラグゼ公式「ランガン ヒップバッグ LE302」詳細ページはこちら

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。