ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【防水仕様で小物類のサビを阻止】ゲームベストやバッグのポケットにもスッポリ収まるサイズ感が魅力!明邦化学工業「防水あきおくん」

梅雨時期に突入。とはいえ、意外と雨が少ないように感じます。

梅雨の終盤にまとまって降るのでしょうか? ともかく今の季節は晴れていても突然天候が変わりやすいシーズン。手持ちのタックルはモチロン、サビさせたくない小物類を収納しているBOXも雨対策をしておくと、急な雨にもシッカリ対応できますよ! ってことで今回紹介するアイテムはこちら!

 

FB-480 防水あきおくん
FB-470 防水あきおくん

可愛らしいネーミングが特長の防水小物収納ケース「FB-480 防水あきおくん」と「FB-470 防水あきおくん」。サビさせたくない小物類を収納でき、ゲームベストやバッグのポケットなどに、スッポリ収まるコンパクトさが最大の特長です。

 

左:FB-480 防水あきおくん 右:FB-470 防水あきおくん

明邦化学工業公式「FB-480 防水あきおくん/FB-470 防水あきおくん」詳細ページ

 

両モデル共にサイズは同様で、異なる点はインナーケースの種類。

FB-480 防水あきおくん」は片面が取り外し可能な仕切り板仕様のマルチケース、もう片方が固定のケースとなっています。マルチケースにはSWライトゲームで使用する小型ワームの収納、もう片方の固定ケースには軽めのジグヘッドや小型フックの収納に向いてそう。

ワームとフック類などをまとめて収納するには「FB-480 防水あきおくん」がイイかもしれませんね。

 

一方、「FB-470 防水あきおくん」は両面同じ収納スペースを採用していて、それぞれ取り外し可能な仕切り板仕様のマルチケースと4つの収納スペースが設けられた固定式ケースとなっています。

小型のジグヘッドやフックなどを中心に収納したいという方はこちらがオススメ!

 

インナーケースは取り外しが可能!

インナーケースは両モデル共に取り外すことができるので、「FB-480 防水あきおくん」と「FB-470 防水あきおくん」の両方を持っていると、形状の異なるインナーケースを色々使い分けることができます!

例えば、両面同じ収納スペースである「FB-470 防水あきおくん」の片方を取り外して、「FB-480 防水あきおくん」のマルチケースを装着することも可能ということです。着脱式で水洗いもスムーズに行えるにもメリットの1つですね。

 

各モデルのスペック詳細

では、最後に両モデルのスペックを紹介。

 

FB-480 防水あきおくん

サイズ 素材 備考 税込価格
107×93×35mm 本体:インパクトスチロール
中小物ケース:ポリプロピレン
パッキン:シリコーンゴム
サイズシール、マグネットシール付 ¥1,320

明邦化学工業公式「FB-480 防水あきおくん」詳細ページはこちら

 

FB-470 防水あきおくん

サイズ 素材 備考 税込価格
107×93×35mm 本体:ABS
中小物ケース:ポリプロピレン
パッキン:シリコーンゴム
可変仕切板6枚付
サイズシール、マグネットシール付
¥1,320

明邦化学工業公式「FB-470 防水あきおくん」詳細ページはこちら

 

ぜひ、サビ対策に「FB-480 防水あきおくん」と「FB-470 防水あきおくん」を参考にしてみてくださいね。

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!