ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ショアから投げて巻くだけ 】肉厚ロングプレートと腹ビレブレードのWアピールで青物を魅了!ハヤブサ「ジャックアイ マキマキバイブ」

年々新モデルが増え続けるハヤブサの「ジャックアイシリーズ」。

メタルジグを中心に数多くのアイテムが登場してきましたが、「これは釣れる!」と思わせるNEWアイテムが2021年5月に登場。

 

ジャックアイシリーズから待望のメタルバイブが登場!「ジャックアイ マキマキバイブ」

2021年5月登場

細身で長めに設計されたボディ。

リトリーブするとベイトフィッシュに近い水平ポジションを保ちながらスイミング。人気ジグマキマキの名を継承した超ハイアピール&ストロング設計の青物専用メタルバイブ「ジャックアイ マキマキバイブ」が遂にリリースされました。

重さ カラー 税込価格
40g、60g 7色 40g(¥1,210)60g(¥1,320)

ハヤブサ公式「ジャックアイ マキマキバイブ」詳細ページはこちら

 

大きな特長は2つ

さて、「ジャックアイ マキマキバイブ」には大きな特長が2つあります。

 

ダブルアピール

まずは、「肉厚ロングプレート」と「腹ビレブレード」によるダブルアピール。

ボディには大型青物にも負けない肉厚1.2㎜ステンレスプレートを採用。ボディ本来の強靭さとロングボディが生み出すフラッシングによって、青物を魅了します。

 

人気ジグ「マキマキ」を受け継ぐ「腹ビレブレード」。メタルバイブ本来のアクションにプラスして、ブレードのフラッシング効果で更にアピール。また、ブレードが抵抗となることで、メタルバイブには珍しい、スローリトリーブにも対応可能。

高速巻きから超低速リトリーブまで幅広いリトリーブスピードに対応し、その日の活性に合わせて使い分けることができます。

 

4つのラインアイ

ジャックアイ マキマキバイブ」には4つのラインアイが採用されています。

アイポジションを変えることで、巻くだけでハイアピールからナチュラルアクションまで様々な見せ方が可能。

また浮き上がりやすくしたい場合は前方に、浮き上がりにくいようにするなら後方にというように、任意でレンジを刻むことができるのも魅力。

 

前方と後方の使い分けをまとめると

【前方ラインアイ】
標準位置より前方にセットすると… ①早巻きに適する ②巻き抵抗が少なく疲れにくい ③浮き上がりやすくシャロー攻略やレンジサーチに適する ④ナチュラルアクションになる

【後方ラインアイ】
標準位置より後方にセットすると… ①遅巻きに適する ②しっかりした巻き心地 ③レンジキープしやすくディープ攻略に適する ④大きなアクションになる

 

大型青物対応の太軸フック仕様

また、大型青物にシッカリ対応できるように安心の太軸フック仕様になっているのもウレシイところ。

 

気になるアクションは動画を参考に

出典:YouTube「HAYABUSA公式チャンネル」

 

カラーは全7色展開

カラーは全部で7色となっています。幅広い状況に合わせることができるように、何色か揃えておくのもアリですね。

 

ケイムラブルーイワシ

 

ケイムラブルピンイワシ

 

ケイムラアカキン

 

ミドキン緑夜光ドット

 

ケイムラピンクキャンディ

 

フルシルバー

 

シルバー青夜光ゼブラ

 

メタルジグをアクションさせることが苦手な方でも、タダ巻きで使うことができるのもメタルバイブのメリット。ぜひ「ジャックアイ マキマキバイブ」で一発大物を狙ってみてください。

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。