ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【0.3gの超軽量ウエイトに注目】ホバスト対応!ロールアクションを簡単に出せる新作ジグヘッド!杉戸船長が解説「レンジローラー」

寄稿:杉戸 繁伸

ここ数年。

自分の中で本当にこのリグが得意、もしくは好きで良かったと思えるリグが「ジグヘッドリグ」。仕事的にも本当に助かっています。

JBのトーナメントを回っているころから好きで、今でも自分の日々の仕事として、琵琶湖のフィッシングガイドから取材、またはテレビロケで頻繁に行くリザーバーまで、その使用頻度は年々高くなってきております。

杉戸繁伸(Shigenobu Sugito) プロフィール

ルアーブランド・GETNET(ゲットネット)代表。 琵琶湖でプロガイドを務める傍ら、ルアーデザインに従事。 船長の愛称で親しまれる。

 

幅広い状況をカバーできるジグヘッドをオーナーばりと開発

さて、そんなジグヘッドは近年、ミドストやボトストというスイミングテクニックで使用することが多く、それは自分が10年前にデザインしたGETNETの「ジャスターフィッシュ」の性能をより生かせるテクニックでもあるので、さらに使用頻度が増してきている感じです。

 

そんなジグヘッドをスイミングで使用する時、今までは主にオーナーばり(カルティバ)の「スウィングヘッド」を使用していました。このジグヘッドは、スイミングに特化したジグヘッドで、非常に優秀。

 

スウィングヘッド

オーナーばり公式「スウィングヘッド」詳細ページはこちら

 

しかし、自分の中で「もう少しこれがあれば」、「ここをこうすれば」、というようなジグヘッドへの思いがつのってきました。

さらに、近年ホバストというテクニックも出てきたので、それらも含めてカバーできる、さらに色んなシチュエーションに対応できるジグヘッドが欲しいという事になり、オーナーばりと開発をスタートさせた次第です。

0314 ボトストフィッシュ

 

スイミングで激ロール!新作ジグヘッド「レンジローラー」に対してのコダワリ

そんな新たに開発した新しいジグヘッドの名は「レンジローラー」。

 

特長はスイミングで使用した時にロールアクションが出やすいというのが大前提にあります。それは、アイからクランクまでを長くして、高重心にすることでバランスを崩しやすくして、ヘッドが簡単に左右に倒れるようになっています。

それと同時に、ジグヘッドのウエイト別にバランスを変えているため、水平姿勢を維持しやすく上下運動を抑えたバランスに設計。

0317津風呂湖

 

具体的に言うと、軽い号数はヘッドの浮き上がりを抑えるように、ワームキーパーを軽くして重心を前方にキープ。

重い号数は、ヘッドが前方に沈み過ぎるのをおさえるため、キーパー部分にもウエイトを配置。またこれで大型ワームもしっかりホールドできるようにしました。

以下のようにウエイト別にキーパー部分で調整しております。

 

各ウエイトによるキーパーの種類

0.3g:モノスレッドキーパー

0.9〜1.8g:ワイヤーキーパー

2.7〜5.3g:ワイヤー+鉛キーパー

 

さらに、色んなシチュエーションでも使いやすいように、かなり細部まで作り込みました。アイをヘッドの中心より後方に設計することで、移動距離や浮き上がりをできるだけ抑える。

また、縦アイの採用によってノットが左右にズレにくく、ルアーアクションが安定しやすい。

縦アイでノットが前方にズレることを抑えるため、またゴミやウイードがアイに溜まりにくいように、アイの前方にウエイトを入れています。

1 / 2
次へ