ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【流れを避ける所が狙い目】まだまだ継続中のリーダーレスDS釣法!「全開放流中の釣り方」とは?

連載:諸富真二のめっちゃ若獅子!!

皆さん! こんにちは。

先日の豪雨の影響で約20cmに増水。5月24日現在の琵琶湖は水位+17cmとなりました。そして、放流量はなんと「全開放流」です。(※個人的に5月に全開放流は記憶にございません。。。)

当然、それによって「濁り」と「流れ」が全体的にキツいっ。そう聞くと「巻いてボコボコ」と想像しちゃいがちですが、現実は巻きよりボトム系中心の釣りが優勢!

前回から魚のコンディションにあまり変化がなく、南湖で圧倒的に多いのが「ポスト〜アフター」の個体。

まだ「スピードの速いルアーは追えない」といった感覚です。「アフター回復」になってくると、ガンガン巻いて反応してくれるのでもう少しの辛抱かと。

諸富真二(Morotomi Shinji) プロフィール

1990年3月生まれ、滋賀在住。シャロー&カバーゲームを得意とし、独自の観点から生まれたアプローチを駆使してデカバスと渡り合う、「琵琶湖の若獅子」。新進気鋭のフルタイムプロガイド。

 

「エスケープツイン」の7gリーダーレスDSが継続中!全開放流時の狙いドコロは?

というわけで、現在のガイドの釣りで中心となっているのが「エスケープツイン」+リーダーレスDS(7g)。まだ継続中でございます。全開放流中の琵琶湖でもメスの3kgオーバーをはじめ、ボコボコに反応してくれています。

ノリーズ公式「エスケープ ツイン」詳細ページはこちら

 

全開放流で流れMAXな南湖で、「全開放流=特殊状況」と言っても過言ではないぐらいのガン流れなので、具体的な狙うところは「少しでも流れを避けれる所」がキーです。

場所で言うと、「浜大津」、「赤野井」、「北山田など」の各大規模なワンド内にある「エビモ」がキモ。アフタースポーンの個体を釣っていく時は、縦ストが超重要なんです。

それに加え、コアユ、ハス等の「ベイトフィッシュ」が絡むと、より激ハマりの可能性高し!

 

アクション方法&カラーセレクト

全開放流時のアプローチ方法は一緒。ボートを流しながら前方(風下)にフルキャスト。キャスト後は4.5回しっかりと縦捌きでアクションを加えてから3秒放置。コレが鉄則です。

この繰り返しで広く釣っていくと、ポスト〜アフターのメスを効率良く釣っていくことが可能です。

 

カラーの重要性について

最近エスケープツインを始め、特に反応が良いのが「バンドウカワエビ」というカラー。

 

一言で言うと「薄いカラー」への反応がメッチャ良いです。GWから人的プレッシャーを引きずっており、少々濁っている状況でこの薄めのカラーを投入することで、バスに違和感を与えずバイトに持ち込むことができます。バンドウカワエビというカラーに圧倒的な反応を見せていますよ!

若獅子がカラーに関してのアドバイスを伝えると、「信頼出来るワームは濃いカラーと薄いカラーの最低2色は必ず持っておく」ということですね。

それによって今の琵琶湖は「差」となって現れているような気がします。

 

エサケープのタックルセッティング

では、最後に「エスケープツイン」+リーダーレスDS(7g)のタックルセッティングを紹介しておきます。

ロッド:ロードランナー(ST680MH)【ノリーズ】

リール:ジリオンSV TW(8.5)【ダイワ】

ライン:FCスナイパー(16Lb)【サンライン】

リグ:エスケープツイン(リーダーレスダウンショット)(7g)【ノリーズ】

フック:キロフックナロー(#3/0)【デコイ/カツイチ】

 

こんな感じです。ロッドは皆さんお使いの7ftまでのMHクラスで対応可能だと思いますよ。そんなこんなでこれからの季節は、自己記録更新のバスが釣れやすいシーズンでもあるので、ガンガン琵琶湖に足を運んで下さいね。

それでは!

 

WEB連載 諸富真二のめっちゃ若獅子!! は隔週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい