ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ラグゼ史上最大サイズのオフセットフック】セオライズオフセットSWG-Hの特徴を伊藤宗利さんが解説

ラグゼのバスフック「セオライズオフセットSWG」にHが(ヘビー)が加わった。

セオライズオフセットSWG-Hは、がまかつ史上最大サイズのオフセットフックで、7/0と8/0の2サイズ展開。

セオライズSWG-Mよりもさらにひと番手太くなっている。

色々とお話を聞かせてくれたのは、伊藤宗利さん

コンセプト自体はSWG-Mと同様なのだが、Hが加わったことでより大きなバルキー系ワームへの対応力が格段に上がった。

例えば、上の写真はブルフラット5.8インチ。スーパーワイドギャップのメリットはそのままに、こうしたより大きなワームを使えるように。

ちなみにSWG-Mは#1から6/0まであり、今回加わったSWG-Hは7/0、8/0。SWGの性能をさまざまなサイズのソフトベイトに合わせてセレクトできる。

SWGの特長とHの存在意義

では改めて、このSWG-Hの特徴をご紹介。がまかつ・ラグゼのフックマスター、伊藤宗利さんにお話を聞いた。

バルキー系ワームは、いざバスがバイトしてフッキングという時に、その厚みが仇となってフックポイントの邪魔をしてしまい、フッキングしないことがあります。

そこでSWGはショートネック、ショートスロートを採用し、ゲイプ幅が非常に広い。

基本的にオフセットフックは口の中で滑りながら、フックのクランク部分が出た時に掛かる。

この時、ゲイプ幅があることでクリアランスが生まれて、フックポイントが露出して掛かる。これがSWGの特徴です。

伊藤さんの右手をバスの口とイメージ。ゲイプが広いことで、バルキー系ワームでもフックポイントの邪魔をしにくい

ゲイプ幅が広いということは必然的に早く掛かる、つまり口の奥深くで掛かるということなのです。ざ~っくりといえばそんな感じ。

ちなみに、テストにて冨本タケルさんにサカマタシャッドの8インチ・ノーシンカージャークで試していただいたところ「めっちゃ掛かる」とうれしい言葉をもらったんだとか。

サカマタシャッド8″のような、高さのあるワームであっても、このゲイプ幅があることでフルフッキングでスッポ抜けなどが非常に少ない。

このあたりはMも同様のコンセプトですが、H(ヘビー)が加わったことで、もっと大きなワームでもその恩恵を受けられるようになりました。

フッキングに悩んでいたら、ぜひチェックしてみてください!

セオライズオフセットSWG-M

号数 入数 希望本体価格(税抜き)
1 6本 350円
1/0 6本 350円
2/0 6本 350円
3/0 5本 350円
4/0 5本 350円
5/0 5本 350円
6/0 4本 350円
セオライズオフセットSWG-H

号数 入数 希望本体価格(税抜き)
7/0 4本 450円
8/0 4本 450円

ラグゼ公式セオライズオフセットSWG-H詳細ページはこちら

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。