ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ボーダーレスになってきたオフショアジギング。だからこそ「ホライゾンMJ」

天龍の新作ジギングロッド「ホライゾンMJ」は、オフショアジギングの垣根を越えたというか、明確なカテゴライズがなくなってきたジギングシーンに、ひと風吹かせてくれるロッドといえるでしょう。

出典:テンリュウ公式ホライゾンMJ詳細ページ

 ひと昔前はジギングに対して「ライトジギング」って言葉があって、「おぉ~っ!こりゃ軽快」となったわけですが、タックルの進化もあり、基本的にライト化しているジギングタックル。

ホライゾンMJは、ライト化してきているオフショアジギングに対して非常に守備範囲の広いロッドといえます。

MJとはマルチジギングとか、そんな意味を込めたそうです。

ハイピッチもスローピッチもお任せ

アクションに対してもハイピッチ、スロー、どちらにも対応するブランクやレングスを設定。

一日の中でハイピッチで手っ取り早く釣っていくのか、スローで食わせ要素を高くして釣っていくのか、どちらかがハマるというのは結構ありますよね。そんな時に1本でこなしてくれるのがホライゾンMJ。

ホライゾンシリーズも多彩なのですが、ベースとなったのはスロー系に特化したホライゾンSL。

これをベースにハイピッチでも問題なく使えるにはどうしたら…? というところから細部を詰め、さらにはダルさを排除するために全機種5フィート10インチという長さになったそう。

もちろん、粘りという部分ではカーボンナノチューブの存在感を魚を掛けた時にも感じられる。

グリップエンドまでのブランクスルー構造で、見た目以上のタフさを感じられるはず!

また、繊細さといざ大型が掛かった時により楽に寄せられるよう工夫がなされています。

リールシートはFUJIのPULS。パーミング性に優れたリールシートで、ブランクタッチできるため、繊細なアプローチにもピッタリ。

またフロントグリップが、しっかり握り込める形状。これはストレートポンピングを意識した設計となっています。

このあたりは、ロッドを曲げてのパワーファイトが不可能なほどの大型魚が掛かった時を想定した仕様なんだそうです!

カーボンクロスは天龍おなじみの「西陣織仕様」となっているのでご安心を(笑)!

そしてガイドセッティング。

さまざまな魚種を相手に、さまざまなアクションで釣ってもらうのがホライゾンMJ。

ということでガイド径もSLと比較してワンランク大きく、太目のライン&リーダーも想定したものになっています。

出典:天龍

テンフレーム・SiC-SリングのKガイド

全5機種
モデル レングス(m[ft]) 継数 ルアーウエイト(g) ライン(PE/号) ドラグMAX(kg/角度0°) リアグリップ(mm) 先径(mm) ロッドウエイト(g) カーボン/グラス(%) 希望小売価格(税抜き)
HMJ5101B-L 1.78[5’10”] 1 High60-120g
Slow100-250g
MAX2 MAX3/0° 405 1.9 110 91/9 ¥35,000
HMJ5101B-ML 1.78[5’10”] 1 High80-150g
Slow120-300g
MAX2 MAX3/0° 405 2.1 115 92/8 ¥35,500
HMJ5101B-M 1.78[5’10”] 1 High100-180g
Slow150-350g
MAX2.5 MAX4/0° 405 2.3 120 92/8 ¥36,000
HMJ5101B-MH 1.78[5’10”] 1 High120-200g
Slow180-400g
MAX3 MAX5/0° 405 2.5 126 93/7 ¥36,500
HMJ5101B-H 1.78[5’10”] 1 High150-250g
Slow200-450g
MAX3 MAX5/0° 405 2.7 131 93/7 ¥37,000

ラインナップは全5機種。ルアーウエイトの「High/Slow」はハイピッチで使用する場合とスローピッチで使用する場合のルアーウエイトとなっています。

境目がなくなってきているオフショアのジギング。であればそれらを1本で楽しめるロッド、ということでリリースされたホライゾンMJ。

ぜひぜひ手に取って、自由に動かして、自由にジギングを楽しんでみては。

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。