ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ルアーウエイト3~8g対応の超ライトなモバイルロッド、「アウトバックライト」がテイルウォークから誕生

テイルウォークの人気モバイルロッド「アウトバック」。ここに新たに加わるライトモデルの「アウトバックライト」が登場します。

名前の通り、オリジナルの「アウトバック」との最大の違いは非常に軽量なルアーを扱えるようになったこと。

ルアーMAX3~8gとかなりライト仕様なアウトバックライト

アウトバックが適合ルアーMAX18~45gだったのに対し、アウトバックライトはMAX3~8g。かなり軽量ルアーが扱えるようになった全5機種がそろいました。

アウトバックが「モバイルロッドなのにちゃんと重めのウエイトも扱えるじゃん!」だったのに加え、アウトバックライトの誕生で、「めちゃ軽いルアーも扱えるじゃん!」になったのは大きいですよね。

極小のジグヘッドリグやシンペンなどのスモールプラグ、ライトテキサスでボトム攻めなんて楽しみ方が可能に。

もちろんアウトバックシリーズの特長である仕舞寸法も44~50cmに収められ、国内外どこでも連れていけるロッドとなっています。

モデル レングス(ft.in) 継数 仕舞寸法(cm) ロッド自重(g) ルアーウエイト(g) LINE(lb) 本体価格(税抜き)
S604L 6 4 68 68 MAX4 MAX6 24,000円
S665UL 6.6 5 84 84 MAX3 MAX4 24,000円
S725L 7.2 5 87 87 MAX5 MAX8 25,000円
C665L 6. 5 100 100 MAX5 MAX8 25,000円
C725L+ 7.2 5 48 105 MAX8 MAX10 26,000円

曲がりとキャストを意識した設計

機種は上記の通り、スピニング3機種とベイトキャスティング2機種の計5機種。

機種名の意味は、例えばS604LならS=スピニング、60=6.0フィート、4=継数(ここでは4ピース)、L=L(ライト)アクションとなっています。

4~5ピースで。60、66、72というレングスがそろっていて、やはり繊細さを求めたUL・Lアクションが主体。ベイトのC725L+は「もう少しだけパワーがほしい」なんてシチュエーション(例えばロックフィッシュとか)の隙間を埋めてくれる機種ともいえそうです。

ガイドはSiCリングガイド。より繊細な攻めを考慮し、スピニングロッドには全機種カーボンソリッドティップを採用。ベイトキャスティングモデルはチューブラーティップとなっている

フード部分にはダイヤモンドカットのメタルパーツ。シックなデザインにキラリと光るイイ感じです

ちなみに軽量リグ特化型のアウトバックライトは、オリジナルよりパラボリックに曲がるという部分にもこだわって作られ、それでいてしっかり獲れる仕様にしているんだとか。

また、軽いリグをしっかりウエイトを乗せて投げられ、狙ったところに決まりやすいキャスト精度も求めて設計。適材適所でインロー継ぎと並継ぎを使い分けていて、スムーズなベンディングカーブを表現しているそうです。

モバイルロッドだから…という妥協を排除した仕上がりで、旅のついでに釣りを楽しみたい!しかもその釣りはフィネス系!なんて方には超ドンピシャなロッドとなっていますよ!

テイルウォーク公式アウトバックライト詳細ページはこちら

テイルウォークからライトゲームに特化したモバイルロッド「アウトバック ライト」が新登場!

テイルウォーク(tailwalk) プロフィール

株式会社エイテックのルアーブランドが「tailwalk(テイルウォーク)」。ソルト、フレッシュ問わず非常に多くのロッドやリール、アパレルなどを展開。バスではフルレンジシリーズ、ソルトではハイバリューなロッドSSD(ソルティシェイプダッシュ)シリーズや、フラッグシップモデルのTZシリーズなど、ビギナーから上級者まで幅広い層に支持されるアイテムが並ぶ。